板倉俊之「放送できない◯◯をプレゼン」衝撃の素人“清水さん”とは

タカアンドトシがレギュラー出演する人気バラエティー『採用!フリップNEWS』(中京テレビ・日本テレビ、中京地区・毎週火曜23:59~、関東地区・毎週木曜25:59~)。12月13日の放送回が、中京テレビの見逃し配信サービス「Chuun」で配信された。

同番組は、芸人たちが取材してきた“いま世の中に伝えたいニュース”をフリップだけで紹介するバラエティー。全てのプレゼンが終わった後、プロデューサーのトシと、ゲストの女性デスクが最も良かったネタを採用。最後に、報道番組『フリップNEWS』のひとネタとして、中京テレビの稲村紗綾アナウンサーが読み上げる。今回のゲストは、インパルス・板倉俊之、メイプル超合金・カズレーザー、女性デスクはモデルの“みちょぱ”こと池田美優

板倉がプレゼンしたのは「昼間から競輪場にいる人の座右の銘」。東京・立川競輪場を訪れた板倉は、「まずは第8レースあたりに出会った、フィリピンに家があるというあきおさん(72歳)。フィリピン人の奥さんがいたんですけど別居されて、フィリピンにお子さんがいるそうです」と紹介。見たこともないくらい細いタバコを吸っていたそうで、「どこに売ってるんですか? って聞いたら、“コンビニだよ、今ならコーヒー1缶ついてくる”」と舌っ足らずなモノマネを交えて、当時の様子を語る。ここで、タカが「確かに歯がない」と指摘すると、板倉も「私も気になって聞いたんです。歯はございますか? すると、“フィリピンで全部抜かれた”って」と衝撃の回答があったとのこと。

また、2人で盛り上がっていると、隣にいた男性・ときおさん(70歳)が「俺もフィリピンの女性が好きなんだよ」と乱入してくる。さらに、誰かを呼び止めたかと思ったら、フィリピン人の清掃スタッフが現れる。ときおさんは「芸能人がいるから話させてやろうと思って……」と理由を明かすが、板倉は「僕を使って株を上げる」と立腹した様子。そんな中、気分を良くしたあきおさんは抱負を発表。フリップに「一番競馬で、二番競輪です。ギンブル大好き」と書くも、スタジオは「ギンブル! 惜しい!」と大盛り上がりだった。

しかし、板倉によるとここでさらなる乱入者が。「後方から、“清らかな水、清らかな水”って聞こえてきまして、後ろを見るとこの方がいらして、お話を伺うとどうやら“清水さん”というらしいです」と、自分の名前を連呼しながら歩いていたそう。周囲の人間も引き気味だったが、めげない清水さんは「七転び八起き」「なにくそ精神力」など、意味不明な言葉を続けていた。この様子を振り返り、板倉は「これ動画だったら放送できなかったですね。フリップでよかった」と胸を撫で下ろしていた。

このほか、タカが「極限状態で行うアイロンがけスポーツ ベスト3」、カズレーザーが「恐らく読めない全国で100人以下の名字」をプレゼンした。

PICK UP