武田玲奈“お風呂上がり”ゲーム実況で「アガる~!」

実在するゲーム制作会社Fuji&gumi Gamesの会長となった大久保佳代子が、自社ゲームを多くの人に遊んでもらおうと、社員の武田玲奈と秋山竜次(ロバート)、そして、水着の宣伝部員たちと共に夜な夜な会議を行っていくバラエティ『佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~』(フジテレビ、毎週木曜深夜)。1月19日の放送では「武田のことを見つめる“彼氏目線”のゲーム実況」の第2弾が披露された。

前回、武田の可愛いモコモコ部屋着が披露された本コーナー。今回は“お風呂上がりの玲奈”という設定で、スマホ用タクティカルRPG『誰が為のアルケミスト』で、新ユニットをGETできるレア召喚の実況に挑戦した。

シャワーを浴び「さっぱりしたぁ」と言って彼氏の待つ部屋にやってきた武田。映像は、彼氏の目線で濡れた髪にドライヤーをかける武田の姿などを追いかけていく。そんな中、「ガチャをやっていきたいと思います。狙いは星5の超激レアです」と言って実況をスタート。彼氏を見つめて「超激レアが出たら、何かご褒美ちょうだい」と笑顔でおねだりしたり、「お願いします! お願いします!」と祈りながらガチャを回したり、クルクルと表情を変えながら実況を行っていく。しかし、超激レアの出現率はわずか5%程度。6回連続で普通のレアが続き武田は凹む……。ガチャを回していき、超激レアの出現を予感させるエフェクトが現れると表情は一変。ついに超激レアを引き当てると「キタ-! 超激レア出たよ! やったぁ!」と言って彼氏とハイタッチ。満面の笑顔を見せる。

そして、約束のご褒美を聞かれると「えっとねぇ、長渕剛さんのモノマネが見たい!」とお願い。まさかのフリに彼氏役はタジタジ。「いつもやってくれてるじゃん!」と言われるものの、長渕剛のデータがなかったようで困惑の表情を浮かべる。「何なら出来るの?」と言われて出てきた答えはまさかの「SHAZNA」。衝撃の「Melty Love」が披露され、武田はなんとかノリノリで「アガる~!」と言ってリアクションを見せる。VTRを見ていたスタジオの秋山は「一個一個の仕草が可愛らしい」と絶賛するものの、最後のご褒美映像については「こんな気持ち悪いMelty Loveなかなかないよ」と苦笑していた。

そのほか、前回に続いて「女の武器を使ってしっかり働いてもらおう」という宣伝部員の外回り営業企画「はじめてのダウンロード~私のお願い聞いてください~」を放送。今回は、バスト90cmのGカップアイドル園都が挑戦した。さらに『誰が為のアルケミスト』に武田玲奈をモチーフにしたオリジナルユニット“レナ”が登場することが明らかにされ、デザインと制作の様子が公開された。

PICK UP