新人女子アナ「勢いが凄すぎて…」先輩アナも「アレは凄かった」と苦笑い

読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』(関西ローカル)。1月18日放送回では、諸國沙代子アナと黒木千晶アナが行った番組初の「街ブラロケ」企画の完結編が放送された。

毎週水曜深夜に放送され、金曜と土曜の深夜にも再放送されている同番組。前編、中編に続き、今回のロケでも、パネルに書かれたお題に沿った人や物を見つけ出し、ビンゴの達成を目指す「ショコクロ・ビンゴ」に挑戦する。

これまでに「激辛メニュー」「2人の名前を言える人」「有名人のサイン」を発見してダブルリーチ。さらに、ヒョウ柄を着たおばちゃんに飴ちゃんをもらえば、2列クリアすることができる状態に。しかし、飴ちゃん探しに難航し、ロケ時間も残すところ30分。ここで、3人組の女性に声をかけたところ、困惑しながらも「持ってます」とのこと。諸國アナが女性の肩を抱いて大喜びする中、見事に飴ちゃんをゲットする。

そして、ロケ時間は残り10分とタイムリミットが迫ると、突如、黒木アナが走り出す。自転車に乗った女性を追いかけ、「今、着ている洋服ってヒョウ柄ですよね?」と確認するも、まさかの取材NG。黒木アナは「私の勢いが凄すぎて逃げられました」と反省し、諸國アナも「アレは凄かった」と苦笑いを浮かべる。

その後、今回の企画を振り返り、ガダルカナル・タカが「なんと、一番簡単だと思われたヒョウ柄が見つからなかったですね」と総括。「そこで苦肉の策として、こんなことになりました」と指差した方向から、ヒョウ柄のファッションに身を包んだ黒木アナが登場。ノリノリな様子の黒木アナに対し、タカは「似合わないな~。これは買ったの?」と苦笑い。さらに「自腹で買って自分のものとするか、番組の予算で買ってしばらく黒木の衣装にするか、の2択だな」と、諸國アナも「番組で衣装を買ってもらえるんですか? いいなー」とイジり倒していた。

この結果、無理やりダブルビンゴを達成したものの、黒木アナは次回からヒョウ柄の衣装で番組に出演することが決定した。