“生ける伝説”遠藤賢司、音楽番組『PARK』で弾き語りライブを披露

デビュー45年を超えてなお“不滅の男”として歌い続けるレジェンド“エンケン”こと遠藤賢司が、フジテレビの総合エンターテインメントサービス『FOD(フジテレビオンデマンド)のオリジナル音楽番組『PARK』に出演することが決定。1月26日(木)18時から配信がスタートする。

番組では“ポップアイコン”の小泉今日子が、毎回オープニング映像を通じて『PARK』を案内。ミュージシャンのライブ映像「PARK-LIVE-」とインタビュー映像「PARK-TALK-」の2本で構成し、その魅力を伝えていく。

「PARK-LIVE-」は、出演アーティストが観客のいないスタジオセットで収録を行い、アーティストが音楽と対峙する音楽空間を演出。約30分のライブを楽しむことができる。そして「PARK-TALK-」は、音楽ライターの松永良平が、各アーティストの生い立ちから音楽観、世界観、そして本音に迫る。

1947年生まれ、69年にシングル「ほんとだよ」でデビューした遠藤は、「カレーライス」「不滅の男」など数々の名曲を発表。“はっぴいえんど”から“サニーデイ・サービス”に至るまで時代を超えたリスペクトを受けている。“ギター一本で総ての音を表現する”を信条に、ロックもフォークも超越した作品を追求する“純音楽家”が見せる、圧巻の弾き語りライブは必見だ。

そのほか、今後のラインナップも決定。2月23日(木)からは「RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で優勝した注目バンド「おいしくるメロンパン」、3月23日(木)からは“高田馬場のジョイ・ディヴィジョン”とも呼ばれる独特な音楽が話題のバンド「トリプルファイヤー」の出演が発表されている。

PICK UP