くりぃむ有田、結婚相手の正体は?「プロ彼女」推理を展開

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。1月14日の放送では、くりぃむしちゅー・有田哲平の結婚相手の話題で盛り上がった。

まずはヒャダインが、視聴者からの「くりぃむしちゅーの有田さんがご結婚されましたが、能町さんから見て、お相手は“プロ彼女”でしょうか?」という投稿を紹介。プロ彼女とは、能町の生み出した言葉で、「もともと芸能活動をちょっとしてたことがあるけど、今は(ネットで)検索してもほとんど出てこなくて、野球選手やスポーツ選手、芸能人、お金持ちなどを狙い撃ちしてお付き合いできる一般女性と称される人たちのこと」という定義があるという。「一般女性なんだけど、一般感がない。だからプロなんです」という能町の説明に、「女子力が高くて~とかそういうことじゃないんですね」とヒャダインも納得。

しかし、有田の結婚相手については、ほとんど情報がなく、何も分からないという。「ここまで出ないパターンも珍しいですよね」という能町に対し、「(有田の)親友のザキヤマさんの奥様も出ないですよね」とヒャダイン。

2人の結婚相手について、あまりにも情報が出ていないことについて、能町は、「(2人の結婚相手は)プロ彼女の中でもプロ中のプロなのかもしれない」と仮説を発表した。「私の今まで思っていたプロ彼女って、プロ彼女の中でも中堅くらいだったかもしれない。けっこう顔バレちゃったりとか、なんらかの写真を撮られたりとか」と、これまでのプロ彼女たちの脇の甘さを指摘し、「本当のプロはこれくらいやるのかな?」と推理。

これには久保も同調し、「芸能人と結婚するには、こういうカリキュラムをこなさなければいけないという気さえするんですよ。SNSを辿られない、全部消すようにとか、友達と一緒に写っている写真も消すようにとか。そのくらいにならないと事務所の人間とは結婚できないよって」と、妄想を広げた。

結局、能町は、「私、最初は(有田の結婚相手が)プロ彼女じゃないんじゃないかと思っていたんですが…」と言いつつも、「こう考えると、ここまで秘密なのはプロの犯行な気がして」と予想。そして、「慣れた容疑者による犯行かなという感じがするので、なので、(プロ彼女度)85%くらいにしましょうか」と結論づけた。

番組では、この他に、女性議員のファッションや、「こち亀」最終話の話題などで盛り上がった。

PICK UP