松本人志、芸歴10年レギュラー0本、行き詰まる芸人に…

松本人志陣内智則が、これから夢をつかもうとしている芸人と、一度は夢をつかんだ芸人を迎え、彼らの人生に真正面から真摯に向き合っていく芸人ドキュメンタリーの第3弾『下がり上がり』が、フジテレビ系列で、1月4日(水)23時から放送される。

今回、出演するのは3組の芸人たち。芸歴10年の見取り図は、同期の渡辺直美やジャングルポケットが全国区で活躍する中、テレビレギュラーは0本。賞レースでもあと一歩届かず、現状を打開する策がなかなか見つからない。

ダイアンは芸歴16年。キングコング、NON STYLE、平成ノブシコブシら、タレントぞろいの同期の中にあって「漫才師」として徐々に頭角を現している。2007年、2008年、2度にわたって「M-1グランプリ」決勝進出をするなど、全国区への展望が開けてきた。

インポッシブルは芸歴11年。その独特の世界観から芸人仲間からの評価も高く、ネタ番組などにも呼ばれるものの、後が続かない現況……。

番組は、トークと客前での漫才で構成され、トーク部分では、彼らの現状、悩み、ネタへの思い、夢などを深く語り合っていく。ネタは面白い。しかし芸能界でパッとしない芸人たち。彼らの悩みに、松本、陣内が何を語るのかに注目だ。

PICK UP