奈良、東大寺「幻の塔」の謎に迫る『歴史秘話ヒストリアSP』

1月3日(火)の19時30分からNHK総合にて、『歴史秘話ヒストリアSP』が放送。「古代ミステリー 東大寺“七重塔”の謎」と題して送る。

奈良の東大寺、七重塔は、1300年前の奈良時代に建てられ、歴史の闇に消えた幻の塔だ。戦乱で焼失したこの塔は、記録では「高さ100m」とあるが、実態は分かっていない。どんな姿をしていたのか、高さは本当に100mあったのか……。昨年、東大寺の呼びかけで専門家がスペシャルチームを結成、謎の解明に挑んだ。チームがまず取り組んだのは、七重塔の土台部分の発掘調査。しかし、奈良時代の痕跡はほとんど残っていない。わずかな手がかりを求めて、調査区域を広げたところ、予想もしない発見が……。浮かび上がってきたのは前代未聞の構造だった。半年に渡る調査から導き出された“幻の七重塔”の驚くべき姿に迫る!

PICK UP