アイドルが売れる為の“××営業”の実態を激白「無理矢理…」

時代の落とし穴にハマってしまった人たちが驚きの実態を激白するトークバラエティ『聞いてた話と違います!』が、フジテレビで12月21日に放送。

番組では、スタジオの井森美幸、博多大吉、澤部佑(ハライチ)、小島瑠璃子が、当事者たちからエピソードを聞き、失敗を人生の糧にする超ポジティブトークを展開。

まずは、女性の憧れの職業「アイドル」の実態が明らかに。プロデューサーがつく“あるある過ぎるウソの数々”や“ドッグフードを食べている”という信じられない極貧生活……。そして、女の泥沼の戦いにイジメ。さらに、「無理矢理××」という発言が飛び出し、売れる為の“××営業”の存在などについて赤裸々に語り、スタジオを震撼させる。

また、一獲千金を夢見る「ラーメン店開業」にもたくさんの落とし穴があった。繁華街でも閑古鳥の日々、体は病気だらけ……。意外なお金事情と恐怖の借金生活など、再現VTRを交えて悲惨なエピソードが紹介される。