池上彰、失われた“総中流社会”に緊急提言

ジャーナリストの池上彰が、日本のみならず、世界が抱える大きな問題について解説する特別番組『金曜プレミアム 池上彰緊急スペシャル』が、フジテレビ系列で、12月16日(金)21時から放送される。

世界には、資産1100億円以上持っている“ビリオネア”が相当数いる。大富豪のイメージの強い米国次期大統領ドナルド・トランプ氏は、意外なことに全米長者番付で100位にすら入っていない。

そんなアメリカでは“お金持ち”が市を作って次々に独立。そこで、池上はウォール街に飛び、瞬時に富が富を生む現場を緊急取材。また、トランプ氏の意外な節税対策が紹介され、スタジオ中から驚きの声が沸き起こる。その対策にはある動物が使われていた……。

一方“総中流社会”と言われた日本では、生活保護受給者が毎年増加し、その影響を子どもたちが受けている。貧困家庭では、子どもに十分な教育を受けさせることができず“教育の格差”が生まれてしまっている。そうした子どもたちはどのような生活を送っているのか? そもそも、なぜ日本で格差が広がったのか? 安倍内閣の掲げる“働き方改革”で格差は解消されるのか? 格差が拡大している世界へ、池上が緊急提言する。