『テラスハウス』ハワイ編で事件勃発!男たちの言動に女子メンバーが…

ハワイを舞台にスタートした人気リアリティショーの最新シリーズ『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』の#3が、フジテレビで12日深夜に放送。ハワイ編で初の事件が起こった。

新たな生活がスタートしたハワイ編は、画家志望でモデルのローレン・サイ、モデルのフランク奈緒美ロレイン、ショップ店員のエビアン・クー、俳優志望の澁澤侑哉、ウクレレアーティストの鮎澤悠介、家具職人のエリック・デ・メンドンサの6人でスタート。

ある日、奈緒美とエビアン、侑哉、エリックが4人で海へ行きサーフィンをすることに。しかし、侑哉とエリックが、初のサーフィンとなった奈緒美に最初は手ほどきをしてくれたが、すぐに離れていってしまう。結局、奈緒美は上手く波に乗ることができずに悪戦苦闘。あまり楽しむことができなかった。

また別の日。侑哉と奈緒美がリビングで2人きりになると、侑哉は「なんだかんだ一番仲良くない? 一番話しているし」と奈緒美に話しかけ、「こいつ気が合うな話しやすいわって思った。明日何しよっか。食材全然足りないじゃん」と言って、買い物を口実に外出に誘い、翌日の出発前には「買い物だけだと時間が絶対に余るから、海に行こう」と提案。テラスハウスから車で1時間ほどのところにあるビーチへと出かける。

2人が到着すると、広がる絶景に奈緒美は「超きれい。想像以上なんだけど」と大喜び。侑哉も「来たかいがあった」と言って笑顔を見せる。そしてベンチに座ると、侑哉は「悠介ともっと話してあげて。(この生活が始まってすぐに)日本に行っていたからちょっと出遅れたじゃん。気にしてるみたいなんだ」と奈緒美に頼み、彼女も「わかった」とその言葉を受け止める。すると、侑哉は「じゃあ帰るか。飽きたわ」とおもむろに発言。奈緒美が「(もう)帰るの?」と不満な表情を見せる。さらに帰り際、芝生の上を歩いていた侑哉が「ここにシートとか引いて寝たい」と語ると、奈緒美は「初デートはピクニックとか公園が良いって言ったじゃない」とコメント。侑哉は「そのままじゃん。でも、これデートじゃないし。遊び。暇つぶし。デートが良かった?」と質問し、奈緒美は「わかんない。なんなんだろうと思って……」と表情を曇らせる。

テラスハウスに帰ると、女子メンバーが3人でトークを開始。エビアンが「何かあった?」と聞くと、奈緒美は「何もない」と返事をし、そこから女子メンバーが抱える男子メンバーへの不満を爆発させる。サーフィンの話題になると、奈緒美は「砂浜の上で“こうやってして、こうやんねん”て言ってくれて、海の中でも教えてくれると思ったら、エリックと侑哉くんはどこかに行っちゃって」と打ち明け、エビアンも「男子たちは自分勝手だった。ジェントルマンじゃない」と同意。ローレンは「やばくない?」と驚きの表情を見せる。そんな中、ローレンが「言いたくないんだけど」と前置きしながら「サーフィンの前の夜にエリックが、奈緒美は行かない方がいい。ローレンちょっと助けてと言ってきた。楽しくなくなるということだと思う」と明かし、エビアンは「ちょっとひどすぎる」と憤慨する。

この様子にスタジオも男子メンバーにブーイング。YOUは「エリック最悪」と漏らすと、徳井義実も「27歳にもなってそれはない」とコメント。侑哉の奈緒美に対する言動についても、馬場園梓が「あれは照れ隠しじゃないでしょ?」と疑問を呈し、徳井も「デートじゃなくてもそんなことは言わなくていいでしょ」と語った。そんな中、山里亮太が「これ祐介モテモテゾーン入るんじゃないですか?」と期待を寄せていた。