速水もこみちがラード使いに!? 尋常じゃない量に恐れ慄く視聴者も

日本テレビ系『ZIP!』内で放送されている、俳優・速水もこみちが担当する料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。12月5日(月)の放送回では、ラードを使った炒飯が話題を集めた。

今回は、視聴者から「炒飯の素でしか作れないので、超本格的なピリ辛炒飯を作ってください」というリクエストに応えて、もこみちが「旨みのある辛い炒飯を紹介したいと思います」と調理を開始。まずは、大盛りのラードをフライパンで溶かしておく。その間に、切り込みを入れたイカをそぎ切りにして、茹でタコを刻み、エビと一緒に炒め、軽く塩こしょうを振っておく。別のボウルでは、溶き卵とタイ米を混ぜ合わせ、仕上がりがパラパラになるように準備をする。その後、フライパンにアサリを殻ごと、紹興酒を加えて、口が開いたら一旦取り出す。

そのフライパンを温め直して、さらにラードを追加。刻んだ豆鼓、豆板醤、クミンシード、ご飯、塩こしょう、顆粒の中華ダシを絡めていく。そこに海鮮を戻し、白ごま、しょうゆ、香菜(シャンツァイ)を加えて軽く炒めたら皿に盛り付ける。その上にさらに、香菜を振りかけたら「もこみち流 海鮮辛炒飯」の完成。実食したもこみちは「辛さの中に旨みも残るおいしさ。クミンを使ったことで、また違ったアクセントも楽しめますよ」と満足げに語っていた。

放送終了後には、ネット上で「シーフード炒飯おいしそう」「豪華すぎる」「もこみちさんのチャーハン食べたい!!」といった声があがる一方で、「ラードの量が尋常じゃない!」「ラードの量に恐れ慄いている」「オリーブオイルを滝のように使うのも、おにぎりみたいなラードを使うのも、もこみち先生しかいないな」といったコメントも続出するなど、盛り上がりを見せていた。

PICK UP