田村英里子と明石家さんま、CD事件の真相が明らかに!24年ぶりに共演

ハリウッドを拠点に活動する女優の田村英里子が、11月26日(土)19時から放送の『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)に出演。さんまと24年ぶりに共演することがわかった。

同番組では、これまで芸能界の第一線で活躍してきたさんまに、初のロングインタビューを敢行。「漫才でコンビを組むなら誰?」「再婚を考えた人はいるのか?」「NGタレントはいるのか?」などのNG無しのインタビューで、笑い・人生・家族にまつわる、これまでに語ったことのない本音が明らかになる。

24 年前に、日本でアイドルとして活躍していた田村が、さんまが司会を務める番組に出演。自身のCDの告知をようとしたところ、持っていたCDにさんまの手が当たり、CDが落下。そして、再度さんまが冗談でワザとCDを落としてみせるなどしたため、傷ついた田村は本番中にもかかわらずステージの上で泣いてしまう。その後、さんまから逃げるように渡米し、ハリウッド女優として活躍。その結果24 年もの間、共演がなかった……。

今回は、日本に緊急帰国した田村がスタジオに登場し、さんまと24 年ぶりに対面。当時、CDを何度も落としてみせたさんまに対し、田村は「そこまでやらなくてもいいのに……」と思い、泣いてしまったことを明かす。すると、「落としたCDは、実はさんまが自腹で買い取っていた」という真実も明らかになる。

このほか、さんまは「なぜIMALUと共演しないのか?」「一番出演してみたい番組は?」「本気で再婚を考えた相手はいる?」「漫才師に生まれ変わってM-1に出るなら誰と組む?」「共演NGの人はいる?」「仲がいいのに、なぜ大竹しのぶと別れた?」「一番美しいと思った女優は?」「マイベストシーンは?」などの質問に、さんまが答えていく。