有村架純のコメントもたっぷり!映画『ビリギャル』ノーカット地上波初放送

公開:

有村架純主演の映画『ビリギャル』が、12月26日(月)21時より、TBSの映画年末特別企画としてノーカット放送されることがわかった。本作が地上波にて放送されるのは、今回が初となる。

2015年5月に全国公開された本作は、累計発行部数120万部突破の、実話をもとにしたベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(坪田信貴著/株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)を映画化。名古屋に実在する学習塾をモデルにした塾を舞台に描かれており、工藤さやかが、伊藤淳史演じる塾教師・坪田信貴と共に慶應義塾大学合格を目指す。また、野村周平、松井愛莉、あがた森魚、吉田羊、田中哲司といった豪華な面々が脇を固めている。

落ちこぼれのさやかが一念発起して受験勉強に励む姿は感動を呼び、興行収入28億円、観客動員数230万人突破と大ヒットを収めた。さらに、アジアを中心に海外でも続々と上映され、大きな話題となった。当時、有村は「一緒にお仕事をした方々で“『ビリギャル』観たよ。あんなに泣けると思わなかった”と仰って下さる方がとても多いです。そのたびに“良い意味で期待を裏切れた”という喜びもあったり、“忙しい中、劇場まで足を運んでくれたんだ”という嬉しさもあったり。そういう言葉に励まされ、ますます頑張ろうと思いました。作品や役に対して愛情を持って携われば観ている方に伝わるということを、改めて実感する事ができた作品でもあります」と感謝の念を語っていた。その後、本作で第39回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と新人俳優賞をダブル受賞。また、第58回ブルーリボン賞の主演女優賞を受賞し、女優として大きく飛躍。2017年春からは、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主演も務める。

なお今回の放送では、新たに収録した有村のスペシャルコメントをたっぷりと公開。土井裕泰監督は「初の地上波放送が、ラストスパートを迎えたすべての受験生とそのご家族の力になりますように!」とコメントを寄せている。

PICK UP