高橋一生「わからなくもない」女心が理解できない“残念男子”に共感

俳優の高橋一生が、12月20日(火)21時よりカンテレ・フジテレビ系列で放送される多部未華子主演のクリスマスドラマスペシャル『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』に出演することが決定。ルックス、キャリア、すべてにおいてハイスペックながら、女心が致命的に理解できない“残念男子”を演じることがわかった。

高橋が演じるのは、アプリ会社「TIMEIS(タイムイズ)」の社長・黒川壮一郎。一見すると完璧だが、女性の扱いをまったくわかっておらず、恋愛シミュレーションゲームプランナーの白野莉子(多部未華子)に恋愛相談することに。はじめはなんとも思っていなかった莉子が、いつしか黒川に惹かれていく様子を描いた王道ラブストーリーが繰り広げられる。

高橋は本作について「まさに王道というか、今までトレンディなもので培われてきたあらゆるラブコメディを踏襲している本だなと思いました」と語り、演じる黒川については「(自分と)似ているんじゃないですかね。鈍感なところとか、デリカシーがないところとか(笑) 男女問わず結構失礼なこと言っちゃったりして、後でこういう意味にもとらえられるのかみたいなことを気付いたりするんです。だから、黒川の気持ちはわからなくもないです。僕も“残念男子”にカテゴライズされると思います(笑)」とコメント。

また、多部との共演は「イメージ的には“クールビューティー”だったのですが、実際は可愛らしい方だったので、ご一緒してイメージが変わりました」と語り、「クリスマスに合わせたドタバタな感じや、可愛らしい感じなど、いろんな感情を持ってもらって、楽しめるドラマになっていると思います。黒川馬鹿だなあとか、白野は健気だなあとか、自分にあてはめながら、こんなクリスマスあったらいいなと思ってもらえたらうれしいです」とアピールした。

PICK UP