石原さとみ、実生活でモテテクを事実確認『地味スゴ』第8話

石原さとみが主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(毎週水曜22:00~)。11月23日放送の第8話では、石原演じる校閲部員・悦子と、伊藤かずえ演じる恋愛小説家・葵の激しいぶつかり合いが描かれる。

原作は、宮木あや子による小説「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)。オシャレが大好きな悦子は、夢のファッション編集者を目指して出版社に入社。しかし、配属されたのは、超地味な校閲部だった。そこで、小説の些細な点が気になって舞台となる北海道に直行したり、週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入取材したり、時には、矛盾点を作家に訴え内容を大幅に変更させるなど、校閲の仕事を超えて大暴れ。「……あれ? この仕事、地味にスゴイ?? いえいえ、私がなりたいのはファッション編集者ですからッ!」と思いながら、今日も“ド派手ファッション”という戦闘服に身を包み、校閲の仕事に立ち向かっていく。

第8話では、小説家でモデルの幸人(菅田将暉)との関係が徐々に進展し、喜びを感じる悦子だったが、お互いに忙しくなり、二人で会う時間をなかなか作れない。プライベートでヤキモチしながらも仕事では、恋愛小説家・桜川葵(伊藤)の小説の校閲を任されることに。校閲部部長の茸原(岸谷五朗)は「葵は中途半端な仕事を嫌う厳しい人なので、悦子にもいつも以上に全力で仕事をしてほしい」と告げる。葵の小説はモテる女性がヒロインで、彼女のモテテクニックが書かれていた。張り切る悦子は、そのモテテクニックが本当に有効なのか、実生活の中で試して事実確認をする。

そんな中、校閲部に葵が訪ねてくる。茸原の姿を見つけた葵は、いきなり彼に抱きつき、悦子たち校閲部員を驚かせる。これを受け、悦子は貝塚(青木崇高)から、「茸原は、かつて文芸部一の熱血編集者で、葵の担当だった」という意外な過去を聞かされる。情熱的な葵に茸原も全力でぶつかり、二人で傑作を生み出し、やがて二人は恋人同士に。しかし、仕事にも恋愛にも情熱的な葵は、ある事件を起こす。その結果、茸原は校閲部に異動になって、葵は景凡社で書けなくなってしまった。そんな葵だったが、今回10年ぶりに景凡社の仕事をすることになり、茸原と再会したのだった。

悦子は、葵の情熱に負けじと全力で校閲をして葵に原稿を戻す。一方の葵は完璧な作品にするために悦子から指摘されたことを取り入れ、再校で大幅に内容を変える。悦子は、また最初から校閲し直さなければならなくなるものの、めげずに取り組む。お互いの立場で激論を交わしながら、作品を作り上げていく悦子と葵。次第に、二人は意気投合するが……。

PICK UP