「どんな曲もChara風に歌う」選手権にChara本人登場でカオス状態に

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。11月19日の放送では、歌手のCharaになりきって歌うChara選手権で盛り上がった。

出演者の近況を報告する「久保みねヒャダ近況まとめ」では、能町の「カラオケ行ったら、チャラのチャラ、チャラ以外のチャラ、アウトオブチャラとか新しい言葉がたくさん生まれたよ」というツイートを紹介。

今年の夏に行われた「久保みねヒャダこじらせライブ in a-nation」で行われた、どんな歌でもChara風に歌ってみるChara選手権について、ヒャダインが「(こじらせライブの)お客さんはもとより、視聴者からも大反響」と説明すると、久保も「ライブの後に、関係者挨拶やったときに、何が好きでしたかって聞いたら、やっぱりトップはChara選手権でしたね」と、反響が大きかったことを明かした。

これを受けて、こじらせライブでもゲストだった千葉雄大を迎え、スタジオで再び、Chara選手権を開催することに。「千葉も含めてなんですけど、全員Charaさん好き過ぎですよね」とヒャダインが指摘する通り、4人のChara好きは相当なもので、特に久保と能町の2人は「好きじゃなきゃやらないし、結局そうやってCharaのカラオケをした後に何がしたいかって、ああ、Chara聴きたい、ですからね」と筋金入りのChara好きをアピール。「ものまねではなく、あくまで自分たちの中にいるCharaを呼び覚ます」のがChara選手権だとヒャダインが熱弁すると、久保も「イタコみたいな感じで」と語気を強めた。

実はこのとき、スタジオのセット裏にChara本人が待機し、スタジオの様子をモニタリングしていた。全員、そのことに気付く様子もなく、4人のChara愛が試されるChara選手権がスタート。トップバッターの千葉は、『ドラゴンボールZ』の主題歌である影山ヒロノブの「CHA-LA HEAD CHA-LA」を歌うことに決定した。実はこの曲のAメロとBメロを知らないという千葉だったが、能町は「知らない曲でも歌えるんです。Charaさんをおろせばね」と、曲を知らなくてもCharaになれると言い切った。

「CHA-LA HEAD CHA-LA」を自分なりのCharaになりきって歌う千葉に、セット裏のChara本人も爆笑。久保も「影山ヒロノブ臭がなかった。一回、影山ヒロノブ臭を消して、そこに新たにCharaの魂が入った」と高い評価を与えていた。

続いては、2番手の能町が、サザンオールスターズの「涙のキッス」をCharaになりきって歌うことに。思い入れたっぷりに歌う能町の姿に、久保も「強い! 紅白獲りにいける!」と絶賛。3番手のヒャダインは「アニソンとCharaさんの歌声って相性いいんですよね」という持論のもと、『ドラえもん』の主題歌「ドラえもんのうた」をセレクトするが、声が出ずにあえなく途中で断念。これには全員が爆笑していた。

ラストは久保がPRINCESS PRINCESSの「M」を選び、「これ、途中で英語部分があるんで、みんなで歌ってもらっていいですか?」とリクエスト。久保の熱唱と、3人のサポートで、見事、「M」を歌いきっていた。

そして、全員が歌い終わったところで、ヒャダインの「(他にも)Chara選手権やりたいって人がいるらしいんですよ」というフリにより、Chara本人が自身のヒット曲「やさしい気持ち」を歌いながら登場するというサプライズ。「ダメダメダメダメ、ダメダメダメ」と腰から砕け落ちる能町と、口元を押さえ感激する久保だったが、Charaに促され、5人全員で、「やさしい気持ち」を合唱していた。

歌い終わった後、あまりの驚きに、涙を流してしまう能町。これにはヒャダインも「あんなに今まで泣くことなかった能町さんが泣いている!」と驚きを隠せない様子だった。

次回は、スペシャルゲストのCharaを交えた5人でのトークを放送。Charaが“Charaについて”語るほか、能町が過去の秘話を告白する。