有村架純、“稲刈り”でチームワーク抜群『ひよっこ』ロケ取材

女優の有村架純を主演に迎え、2017年春から放送されるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。5日に、物語の舞台・茨城県のロケ先で取材会が行われ、有村をはじめ、木村佳乃古谷一行峯田和伸、宮原和、高橋來が出席した。

同作品の脚本は『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が担当する。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のヒロイン・谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。

主演の有村は、「11月2日からロケが始まったんですが、実は先行ロケで9月の末から10月の頭までちょっとこの場所をお借りして、みんなで稲刈りのシーンを撮りました。なのでこの稲たち(有村の背後に広がる田んぼの稲たち)はみんなが、スタッフさんたちや地元の方にお手伝いしていただいて刈った稲です。先行ロケがあったのでチームワークが抜群で、順調に撮影を進めることができています」と明かした。続けて「実際にこの場所に来て空気を感じると、気持ち的にも解放感があるし、スタジオで本読みをしたときよりも、もっともっとみね子のパワーが増えてる気がして、実際に演じていてもすごく楽しく過ごすことができています。このロケのあとはスタジオのパートになるんですけれど、スタジオのパートも楽しみにしているので、またワクワクしながら撮影を進められたらいいなと思っています」と笑顔を見せた。

みね子の母役の木村は、「最初の撮影で、お父さん(古谷)と一緒に家の前の畑で畑仕事をしているところに、娘のみね子が自転車で「お母さんただいま!」って元気よく帰ってくるシーンを畑の上から見ていたら、それだけでジーンと涙が、すごく感動して、なんていい作品に関われたんだろうと実感しました。私の役は美代子といいますが、主人公のみね子がすごく憧れて慕ってくれる母親役です。半年間しっかりと主人公に慕われて、そして支えられる、心やさしい母親でありたいと思います」とあいさつした。

そして、みね子の祖父役の古谷は、「前回の先行ロケで、いろんな農作業をしました。くわを使ったり、鋤を使ったり、鎌を使ったり。今日も脱穀シーンを朝から撮ったんですが、機械なんか無いわけですね。そんで僕に教えてくださる方も、“子どもの時それは見てたけど、自分は使ったことがない”という。そういう先生がついて、やっぱりなかなか難しいもんです。足で踏みながら、電動じゃないから足で力を与えてはずみ車をまわしてやるんで、農業をするのは色々と大変なことだな」と感想を語った。

また、ドラマの為にバイクの免許を取得したという小祝宗男役の峯田は、「ちょうどここをバイクで運転して、ブーン! って発進するシーンが一番最初のシーンだったんですけれど、当時(ドラマの設定の時代にあわせた)の古いバイクなのでエンジンがかからなくて。今日もこれから運転するんですけれど、ちょっと不安です。僕生まれが山形なんですけれど、僕の子どもの時とか、親戚の農家やってる家行くとほんとこんな感じで。しばらくこんな光景見てなくて、こういうところで懐かしいなと思いつつ、どのシーンでも、そこに出ていなくても遠くから見てるんですけれど、泣けてくるな、みたいなのがありまして。本当に良い作品に関わらせていただいてるなと感謝しています」と述べた。

昔ながらの日本のふるさとを思い出させるような風景の中で、どのような物語が展開するのか、来年4月からの放送に期待が高まる。

PICK UP