レース時は1日1食、イケメン騎手のこだわりとは

公開:

読売テレビで、11月11日(金)20時54分から、競馬騎手に密着した番組『キシュメシ!』(関西ローカル)が放送される。

同番組では、数あるプロスポーツ選手の中でも特に徹底した体重管理が求められる、競馬の騎手に密着。体力勝負のアスリートで、決して無理なダイエットはしていないはずなのに、彼らの体型は、ガリガリどころか、女子が大好きな「細マッチョ系」。一体、騎手はどんな食生活をしているのか? 騎手+飯=『キシュメシ!』と題し、毎週イケメン騎手が普段食べている「キシュメシ」を紹介。毎回、ナビゲーターとして現役モデルも登場し、美容と健康に役立つ情報をたっぷり届ける。

今回登場するのは、2012年に23歳の若さでリーディングジョッキーに輝いた実力と、甘いルックスを兼ね備えた次世代のスター・浜中俊(はまなか すぐる)騎手。浜中騎手の食へのこだわりは、“1日の食事回数”。通常時は1日2食、週末のレースの時は1日1食、ただし「レースが終わってから、がっつり食べます」とのこと。

そんな浜中騎手のキシュメシは「みそちゃんこ鍋」。野菜をはじめ、様々な食材をバランスよく取ることができ、これからの寒い時期にはぴったり。また、なんといってもレースでエネルギーを消耗するジョッキーにとって肉をたくさん食べることは重要で、「やはり体力が資本ですから。これから大きなレースもありますので、ちゃんこを食べて頑張りたい」と意気込む。

また、今回のナビゲーターは、ブロガー、美容ライターとして活躍するモデルの池田沙代。浜中選手と一体どんなトークを繰り広げるのか注目だ。このほか、放送では収まりきらなかった、浜中騎手の食のこだわりについては、番組公式サイトで公開。大好物だという卵料理の変わった食べ方などを紹介する。

PICK UP