古舘伊知郎の脳をMRIで診断!驚愕結果に「突っ走るしかない」新番組『フルタチさん』がスタート

古舘伊知郎が司会を務める新番組『フルタチさん』が、11月6日(日)19時からフジテレビ系列にてスタートする。同番組は、世の中の「ひっかかる」ことを、わかりやすく、面白く、エンターテインメントに紹介していくバラエティー番組。古館がフジテレビでレギュラー番組を持つのは、金曜深夜に放送されていた『第4学区』以来、およそ16年ぶりとなる。

初回収録後の取材会で古館は、「(収録は)まったく無事に終えてない(笑) やはり2時間番組ですから、色んなコーナー立てとかをやるのですが、今日も収録をやりながら“駄目だし”をしていました。決して悲観しているわけではなくて、番組制作に関して自分自身も含めて疑心暗鬼になってやらないと、良い物はできないと思う」と冷静に語り、「報道を12年やってきた中で今があるので、もうちょっとニュース的な視点も入れてもいいのかな? とか、頭の中にいろいろ巡っています」と、さらにアイデアがわき出ている様子を伺わせた。

そして、日曜日のゴールデンタイム枠は、各局人気番組が並ぶ激戦区ということも意識してか、「ただのドバラエティじゃつまらないな、と今日やっみて感じたので、これからスタッフと揉んでいかなくてはと思いました。覚悟を決めてフジテレビで再出発をしようと決め、僕を雇ってくれたからには、少しでも貢献させていただかないと。僕がフリーになったときに初めて使ってくれたフジテレビですから、なんとか良い番組を作っていかなきゃね!」と力を込めて発言。

また、番組の特集のひとつで、“しゃべること”に人一倍長けている古館の脳をMRI検査で覗いてみる企画では、驚愕の結果にスタジオが騒然。これについて古館は、「もともと異常な脳だということは薄々わかっていました(笑) 僕はしゃべることに特化しているけど、それ以外のことは歪んでいるのもわかっているので、これは突っ走るしかない」と開き直り、取材陣の笑いを誘っていた。

そのほか初回放送では、「トランプタワーがセントラルパークの眺望を独占できる理由」「どうやって教科書の歴史は変わるのか?」「買った服をわざわざ店員が出口まで持ってくる」など、さまざまな「ひっかかる」VTRを紹介。さらに、年間約700億ものアクセス数を誇る「Yahoo!JAPAN」のトップ画面に表示される「Yahoo!ニューストピックス」の制作現場に古舘が潜入。「Yahoo!ニュース」が作られる現場をリポートすると共に、古舘が「Yahoo!ニュース」の見出し作りに挑戦する。