小西真奈美、吉田羊に初共演でビンタ!緊迫シーンに「遠慮しないで下さい」

公開: 更新:

女優の小西真奈美が、11月1日放送のドラマ『レディ・ダ・ヴィンチの診断』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)第4話にゲスト出演。主演の吉田羊と初共演を果たし、女優同士の演技バトルが繰り広げられる。

吉田演じる天才外科医・橘志帆を中心に、相武紗季、吉岡里帆、白鳥久美子、滝沢沙織、笛木優子、伊藤蘭が演じる解析診断部の女医7人によるメディカルチーム“レディ・ダ・ヴィンチ”が原因不明の病に立ち向かう、爽快な医療ミステリードラマ。小西は、老舗料亭“真田”の女将・芽依を演じる。

第4話の舞台は、老舗料亭“真田”。若年性認知症と診断された料亭の大女将・静香(黒田福美)の本当の病を突き止めようとする志帆と、この大女将の診察をかたくなに拒む女将・芽依との間にバトルがぼっ発。納得できない志帆は、密かに施設から静香を連れ出し勝手に診察。腕に強い脈を感じ、循環器系の病気を疑うが、次の瞬間、乗り込んできた芽依に頬をたたかれ、葉子(伊藤蘭)にも「あなたは患者さんの病気だけを見て、患者さんの人生がまるで見えていない」と叱責される。

このシーンの撮影直前、吉田が小西に「遠慮しないで下さい」と一言声をかけ、迫真の演技を披露。初共演の2人が女優魂を見せつけるシーンとなった。そして、女同士のバトルはここだけにとどまらない事態に。諦めずに大女将を連れ出して診察しようと試みる志帆の前に立ちふさがったのはなんと警察。女将の通報で駆け付けた警察に誘拐犯として連行されてしまう。

また、女将役としての艶やかな着物姿も見どころの一つ。和服にロングヘアーをアップにした小西は「衣装や髪型にも助けてもらい、女将としての所作や立ち居振る舞いに気をつけながら、自分の内側から出てくる心情的な部分を大事に演じました」とコメント。物語については「嫁姑や家族の問題、反発と、すこしずつ打ち解けていく様子……。そんな部分が出るといいですね」と語り、吉田との初共演は「ドラマ上は“女の戦い”ですが、現場はすごく和やか。女性が先頭に立ってやる作品自体が画期的。女性ならではの言葉の駆け引きも、あるある、それ女子だ~、とクスッと面白くて。シリアスだけじゃない、ホッとする、コミカルな場面が見られるのもこのドラマならではですね」とアピールした。

PICK UP