平幹二朗さん代役に寺尾聰 ドラマ『カインとアベル』

フジテレビは、22日に亡くなられた俳優の平幹二朗さん(享年82)が出演していたドラマ『カインとアベル』(毎週月曜21:00)で、平さんの代役を寺尾聰が務めると発表した。

寺尾が演じるのは、山田涼介演じる主人公・高田優と兄・隆一(桐谷健太)の祖父で、2人が務める高田総合地所株式会社の会長・高田宗一郎。今後のストーリー展開の大きなカギを握る重要な人物だ。寺尾の出演は、11月7日放送の第4話からとなる。

本作は、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟、カインとアベルの物語をモチーフに、2016年の東京を舞台にドラマ化。複雑な恋愛、兄弟の確執、親に認められたいという思いとの葛藤という三つの軸を中心に物語が繰り広げられる。