中井貴一、高倉健から受け継いだ“魂”を語る

俳優の中井貴一が、10月19日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系列、毎週水曜22:00)にゲスト出演。番組の人気コーナー「生まれて初めて聞かれました!」で、故・高倉健から受け継いだ“魂”のエピソードを明らかにする。

同コーナーでは、ゲストの新たな一面を引き出すために、TOKIOメンバーが事前に考えた“今まで聞かれたことがないであろう質問”をカードに記入。ゲストはそれらのカードを1枚ずつ引き、質問に答えながらトークを行っていく。

今回、中井は高倉との思い出を告白。「これは高倉さんからもらった」と言って、右腕にはめられた時計を見せ「これは俺が付けていたやつだから」と渡されたと明かす。その時の高倉の振る舞いにTOKIOメンバーは「うわ、カッコイイ!」と感嘆の声をあげる。

そして、39歳で若くして亡くなった中井の父・佐田啓二の話題になると、中井は「俺の人生はそこで終わると思っていた。だから39歳までは絶対に結婚しないというのは自分に課していた」と語り、人生観を明らかにする。