小野ゆり子、社内不倫する会社員役に「女は恐ろしい」

女優の小野ゆり子が、2017年1月からCS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメでスタートするドラマ『感情8号線』(全6話)の第5話で主演することが決定。コメントを発表した。

本作は、環状8号線沿いの街に住む6人の女性たちを中心に、リアルで切ない恋愛と人生を描いた畑野智美の連作小説が原作。物語の舞台となる荻窪、八幡山、千歳船橋、二子玉川、上野毛、田園調布は、直線距離だと近いのに、電車だと乗り換えが必要で遠回りになる街。それぞれの街には、幸せの中にも言えない思いや、DV、不倫など、ままならない恋愛に揺れている女性たちが住んでいる。毎回、ある街に住む一人の女性を中心に、それぞれが絡み合いながらストーリーは展開していく。

小野が演じるのは、上野毛在住の里奈。不動産会社社員で、同期入社で同じ部署で働く亜実(貫地谷しほり)の夫への思いが断ち切れず、その寂しさを埋めるかのように上司と不倫関係となる。

小野は「悩んでいる女性は愛おしい! と感じましたが、女性ならではの強さや辛辣な部分もあり“女は恐ろしい”とも思いました。きっとそれは誰もが持っているものだと思います。その中から垣間見える弱さや繊細な部分に、同じ女性として、魅力を感じました」と台本を読んだ感想を語り、演じる里奈については「一見“完璧な女性”にも見え、“悪女”にも見えますが、実は不器用で繊細で乙女な女性だと思います。そんな里奈にはどうか幸せになってもらいたいです!」とコメントしている。

5話以外では、川栄李奈、倉科カナ、貫地谷しほり、真飛聖、堀田茜が主人公として出演。番組はフジテレビTWOsmartでサイマル配信され、PC・スマホ・タブレットでも視聴することができる。

PICK UP