新たな愛人が発覚!愛憎の不倫劇がエスカレート『黒い十人の女』第3話

船越英一郎が主演を務める、過激なキャッチコピー「不倫です。みなさんが大好物の。(10股)」が話題のドラマ『黒い十人の女』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第3話が10月13日に放送。新たな愛人の詳細が明らかになる。

原作映画は、1961年に市川崑監督がメガホンを取り、妻の和田夏十がオリジナル脚本を手掛けた名作。現代版では、連続ドラマ初脚本を務めるバカリズムが、独自の視点を交えて描いていく。大規模な不倫劇が描かれる本作ではこれまで、ドラマプロデューサーの風松吉(船越)には妻のほかに9人の愛人がおり、その内、受付嬢の神田久未(成海璃子)、若手女優の相葉志乃(トリンドル玲奈)、APの弥上美羽(佐藤仁美)、舞台女優の如野佳代(水野美紀)、脚本家の皐山夏希(MEGUMI)であることが明らかになった。

第3話で久未は、美羽から「私と手を組まない?」と思いもよらぬ相談を持ちかけられる。そして、2人はついに風の奥さんのもとへ乗り込むことに。そこで2人に待ち受けていたものとは!? また、新たな愛人の正体が発覚し、志乃は驚きの事実を知らされる。さらに、美羽の言動によってかき乱されていく愛人たち。風をとりまく不倫劇はどんどんエスカレートし、崩壊へと向かっていく……。