天海祐希、あるシーンで見せた“色っぽい”エピソード暴露に大喜び

女優の天海祐希が7日、フジテレビ系列で10月13日よりスタートする新ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』(毎週木曜22:00~)の舞台あいさつに出席。天海が収録中に見せた“色っぽい”エピソードが明らかになった。

本作は、世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフ・星野光子が、レストランのオーナーとトラブルを起こしクビになってしまい、テレビ番組の企画で “学校給食”を作ることになり、どんな状況でも貪欲に力強く前向きに人生を切り開いていく姿を描いた痛快エンターテインメント作品。

天海はテーマの学校給食について「三ツ星レストランのシェフと給食の調理員では、料理を作るというのは同じですが、目的や考えの違いなどがあり、そこが楽しめると思います」と語り、一流のシェフを演じることについては「ダンスをするように美しい。その流れが出来たら良いなと思っています」とコメント。

そんな中、テレビ局のプロデューサー役として登場する友近は、「天海さんのラジオ体操の時のダンス」が見どころだと言い、「最近の子には出せない。年を重ねたから出せる良い感じのダサさがステキ」とコメント。一方、学校給食の栄養士として登場する遠藤憲一は、調理室での撮影を振り返り、「試食している姿がすごくいい。本当に色っぽくて美味しそうだった」と絶賛。これには天海も大喜びで「みなさん太字でお願いします!」と、笑顔で取材陣に語りかけていた。

最後に天海は「星野は自己中心的な面もありますが、エネルギーとタフさでどんどん前に進んでいきます。ちょっと傲慢に感じることもありますが、魅力的でチャーミングに演じたい」と意気込みを語った。

PICK UP