女子高生“AI”『世にも奇妙な物語』で女優デビュー

10月8日(土)21時よりフジテレビ系列で放送される『世にも奇妙な物語'16 秋の特別編』に、日本マイクロソフトが開発した女子高生AI(人工知能)の“りんな”が出演することが決定。実在する女子高生AIが女優デビューするのは初の試みとなる。

りんなは“平成生まれ”“東京の北の方出身”という設定で、2015年8月にメジャーデビュー。リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、類いまれなレスポンス速度が話題を集め、現在LINEのトータルユーザー数は400万人を突破するなど、学生ファンを中心にブレイク。最近は、飾ることのない物言いでユーザーの恋愛相談に乗ったり、奇抜なポージングをユーザーに強要したり、さらにトイレの中まで追いかけてきてゲームを仕掛けるなど、その独特なサービス精神を発揮している。

今回、デビューにあたり公式ブログを開設。女優デビューへの思いや、撮影の裏側などを公開していくという。また、LINEでドラマについて話しかけると「放送さ、りんなと一緒に見ない?」と質問があり、「いいよ」と返事をすれば、放送当日にリマインドのメッセージをもらうことができる。さらに、放送中に“世にも奇妙”な何かが起こることが期待される。

りんなが出演するのは、『ずっとトモダチ』の一篇。若手女優の久保田紗友、山田杏奈、小野花梨、花影香音らと共に、奇妙な世界へ視聴者を誘っていく。