岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」

タレントの岡田結実が、10月2日(日)13時15分から放送の『上には上がいるもんだ』(関東ローカル)で、母・祐佳と初共演を果たす。

同番組は、ゲストがMCの指原莉乃水卜麻美アナウンサーに悩みを打ち明け、スタジオ上部にスタンバイしている、“その悩みの上をいくレジェンド”から金言や助言をもらい、スッキリしていくトークバラエティ。悩み相談をする“下の人”として、岡田親子のほか、NEWSの小山慶一郎、ぺこ&りゅうちぇる、大林素子が登場。悩みに答える“上の人”として、浜口京子のほか、ゲストの悩みがちっぽけに思えるSPゲストたちが出演。さらに、野次馬ゲストとして、麻木久仁子、千秋、松嶋尚美が成り行きを見届ける。

結実が別の番組に出演した際に、スタジオに来ていた祐佳が映ることはあったものの、本格的な共演は初めてとなる二人。今回は、結実が「おかあさんが自由すぎる」と悩みを打ち明け、「中学校の入学式の写真で、スカート丈が結実より短いため恥ずかしい」「息子とカップルに間違われたりして喜んでいる」「ブログで目立とうとしている!?」など、母の自由すぎるエピソードが次々と飛び出す。

初共演を終えて、結実は「こんなに長くちゃんと共演するのは初めてだったので、何を言われるのかドキドキしました」と振り返る。また、MCの二人については「すごく優しくて私たちが話している時でも、ずっと微笑みながら聞いてくださっていて嬉しかったです。そして頭の回転の速さを尊敬しました!」とコメント。そして、「溢れだす仲良しさですかね(笑)」とみどころを語った。

一方の祐佳は「勢いとパパ(ますだおかだの岡田圭右)のギャグで話題になり、沢山の番組に出演させてもらい、日々“大丈夫か?”と、不安に感じることが多々ありました。しかし、共演させて頂き、思っている以上に、しっかりコメントとかを返していて、“ママ大丈夫?”とか気遣う余裕を見せてくれたり、知らない間に本当に成長したんだなぁーと、感動しました」と振り返りつつ、「まだまだ、娘にリードされて、偉そうにされるのは、嫌だなぁーと、思いました!」と本音も。また、「スタッフさんや共演者のみなさんに愛されて、大事にされて幸せ者やなぁーと感じました。あーんど、羨ましいです(笑)」と、冗談めかしながらも娘の成長を喜んでいる様子だった。