尾野真千子、長谷川博己と“型破りな夫婦”役で夏目漱石の世界を再現

公開: 更新:

尾野真千子と、長谷川博己が夫婦役で出演する土曜ドラマ『夏目漱石の妻』(NHK総合 毎週土曜21時~22時13分)が、9月24日にスタート。今年は夏目漱石没後100年の年。「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「こころ」など今なお漱石の作品は人々に愛されているが、実はその多くは、妻・鏡子との夫婦生活を下敷きに描かれている。本作は、明治という激動の時代を駆け抜け、ともに成長していく夏目漱石夫婦の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを交えながら描くエンターテインメント・ホームドラマだ。

第1話「夢みる夫婦」では、長谷川が演じる夏目金之助(漱石)と尾野が演じる中根鏡子が、どういういきさつで夫婦になったのかや、“型破りだった”と言われる夫婦生活の始まりが描かれる。

<あらすじ>
裕福な家庭に育った19歳の中根鏡子(尾野)は、高級官僚の父・重一(舘ひろし)にすすめられ、夏目金之助(長谷川)と見合いをする。金之助に一目ぼれする鏡子、一方金之助は鏡子の屈託の無い笑顔に魅了され二人は結婚、金之助が高校の教師として赴任した熊本で新婚生活を始める。金之助は帝大出のとびきりの知性派ではあるが、実は幼少時に養子に出され、家庭の温もりを知らない気難しい人物あった。夫のために家事や様々なことに頑張る鏡子だったが、失敗を繰り返しとんでもない事件を起こす。

PICK UP