バスケットボール新リーグ『Bリーグ』開幕戦をフジテレビで生中継

NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)とbjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)が統合され、9月22日に開幕するバスケットボールの新リーグ『Bリーグ』の開幕戦「アルバルク東京vs 琉球ゴールデンキングス」の模様が、フジテレビ系で18時30分より生中継される。

開幕戦で早くも旧リーグの最強が激突。トヨタ自動車バスケットボール部として創部68年の伝統を誇る名門「アルバルク東京」は、主力選手の多くが、高校、大学で日本一を経験しているエリート集団。昨季のNBL最終シーズンを歴代最高勝率となる47勝8敗で

対する「琉球ゴールデンキングス」は、2007年創設でbjリーグ最多4度の優勝を誇る実力派チーム。主力選手のほとんどが沖縄出身で、観客動員数は一試合平均3000人超。地元の中小企業や沖縄市の支援、観客動員によるチケット収入で支えられるなど、地元との密着度が強い。

今回フジテレビは「開幕戦中継スペシャルブースター」に、バスケットボール経験者で芸能界でもバスケ好きとして知られている広瀬アリス、広瀬すず姉妹、「開幕戦中継スペシャルブースター顧問」に中学、高校とバスケットボールに青春を捧げた中村雅俊が決定。さらに、プレーヤーズゲストとしてバスケットボール界を牽引し、日本代表としても活躍する田臥勇太(栃木ブレックス)も参加。番組MCのジョン・カビラと加藤綾子、実況の森昭一郎アナウンサーと共にBリーグの魅力を伝えていく。また、コート全面に映像を映し出す“LEDビジョンコート”を使った演出にも注目だ。

<Bリーグとは>
B1(1部18チーム)、B2(2部18チーム)、B3(3部9チーム)の合計45チームが参入。1部、2部は日本のプロスポーツリーグ史上初の試みとなる3地区によるカンファレンス制を導入。東地区、中地区、西地区に分け、各クラブが8ヶ月にわたるレギュラーシーズンで60試合を戦い抜き、上位チームが決勝トーナメントの「チャンピオンシップ」に進出。年間優勝チームが決定する。