稲葉友、初の“女装男子”役に挑戦「自然と女性の仕草が…」

俳優の稲葉友が、日本テレビ系の連続ドラマ『レンタル救世主』(10月9日スタート、毎週日曜22:30~、初回のみ22:00~)に出演することが決定。自身初の“女装男子”を演じることがわかった。

本作は、「助けて」と願えば甘えと呼ばれ、「助けたい」と叫べば偽善と呼ばれる世の中で、完全歩合制の営利目的で貴方の危機に馳せ参じる“レンタル救世主”がテーマ。主人公は、莫大な借金を抱えており、妻子のために「命を懸けて救世主をさせられる」超絶お人好しな中年男・明辺悠五(沢村一樹)。そんな“雇われ救世主”が、仲間と共にレンタル期限付きで、依頼者のために痛快爽快に悪を挫いていく物語だ。

稲葉が演じるのは、零子(志田未来)が通うコインランドリーでなぜかいつも遭遇する女装男子・薫。年齢、正体ともに謎の存在でありながら、時として零子の背中を押すことになるキーパーソンだ。今回の出演を受け、稲葉は「“助けて”という言葉は、確かに言いたくてもなかなか言えないものだなと台本を読んでハッとしました」と語り、「様々なギミックはありますが、志田未来さん演じる零子に寄り添って謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります」とコメント。

そんな稲葉だが、初の女装男子役ということで、一部の体毛を剃り、目指すキャラクター像に近い話し方や仕草を研究するなど、日々役作りに奮闘しているとのこと。慣れないスカートやロングヘア、キャラクターの複雑な心理と格闘しながらも、共演者やスタッフからは「かわいい!」「いい女!」といった声が上がるなど、その仕上がりは上々の様子。

そして、ドラマの見どころについて、稲葉は「女性の服と髪とメイクをしていただくと、自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚があり、演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら幸いです。今の時代の流行や日常が所々に感じられるところも見どころ。日曜の夜に個性も彩りも豊かな登場人物たちが皆様の背中をそっと後押しする作品になると思いますので是非ともご覧ください」とアピールした。

稲葉の起用について、福井雄太プロデューサーは「薫という人物は、一目見て女性と見間違ってしまうような人間的な美しさと、かつ的確に相手の心の中に飛び込んでくる潔さを持ち合わせており、この作品に色合いを加えるキャラクター。非常に男らしくて、でも繊細さも同時に漂わせる稲葉さんがぴたりとハマると思いキャスティングをさせていただきました」と理由を明かし、「このキャラクターショー的なドラマの中にまたどんな輝きを放ってくださるのか楽しみにしています!」と期待を寄せた。