みのもんたの目にも涙『ケンミンSHOW』10周年記念SPが決定

読売テレビ・日本テレビ系の人気バラエティ『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜21:00~)が、10月に放送10年目に突入することを記念して、10月6日に『2時間アニバーサリースペシャル』が放送されることが決定。このほど行われた収録の合間に、司会のみのもんた久本雅美、初回からレギュラーとして出演している西川きよしが、番組に登場した数々の秘密や収録時のエピソードなどを振り返った。

10年目を迎えて、みのは「正直こんなに続くとはね(笑)。すぐネタがなくなると思っていた。ところが川一つ、山一つ隔てただけで日本にはまったく違う文化がたくさんあるんですね。その文化をすばらしい取材力で掘り起し、さらに久本さんというエンターテイナーが万人の心をつかんで離さない。10年目に突入できたのは彼女の力が75%、15%は局とスタッフの力、5%は僕の実力でしょう(笑)」とコメント。一方の久本は「もしかしたら、今日抱かれるかもしれません、アハハハッ!」と冗談めかしつつ、「あっという間でした。こうやって続いたのはスタッフさんがすごいから。以前、北海道の小樽にワハハ本舗の公演で行った時、劇団員たちと夜うろついていたら雪の降る中、『ケンミンSHOW』のスタッフが取材していた。寒い中、一生懸命に取材し、番組にかける情熱を感じました」と、知られざる秘話を紹介した。

また、番組に登場した数々の“ケンミンの秘密”について、みのは「そばにまんじゅうの天ぷら(福島県)を入れて食べた時は病みつきになった。カルチャーショックでした」と語り、久本は「冷やしシャンプーや生け垣を食べる山形県も面白いですし、ヒトデを食べる熊本も驚きました」と振り返った。さらに、「大阪企画も大好きです。大阪出身ですから。ただ、この企画で大阪を好きになってくれたらいいけど、ますます大阪が嫌いなってしまう人もいるかも……(笑)」と続け、大阪の秘密については温かい目で見てほしいと願う場面も!?

そんな2人と同じく番組を支えてきた西川は「『ケンミンSHOW』は週に1回、テレビの前で県人会をやっているようなもの。それがこの番組の魅力では。地元で見ている方、東京に出てきてふるさとのことを見ている方、いろんな方がこの番組を楽しみにしているのではないでしょうか」と魅力を分析し、「印象に残っている秘密で、一番ビックリしたのはヒトデです。生まれて初めて食べ、初物を食べると長生きすると言いますが、ヒトデを食べて元気になりました(笑)。県民性の秘密では、隣県同士のライバル関係をよく紹介していますが、今度は子どもたちの立場からその関係を見てみたいですね」とコメント。

そして、2時間スペシャルについて、久本が「面白い食文化がまたまた見つかりました。私も大好きな焼そばが2連発で出てきます。さらに群馬のおいしいお弁当も。そして今回も大阪が面白くさせまっせ~!」と、みのが「10年やって初めてです、大阪の人を見て思わずジーンと来ちゃいました」とそれぞれ見どころをアピールした。