桐谷美玲&山崎賢人、副音声で『好きな人がいること』裏話を告白

桐谷美玲山崎賢人が、12日放送のドラマ『好きな人がいること』(毎週月曜21:00)の副音声に初登場。番組プロデューサーの藤野良太と三人で、撮影舞台裏トークを繰り広げる。

本作は、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロイン・櫻井美咲(桐谷)が、イケメン三兄弟の柴崎夏向(山崎)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)とシェアハウスをしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。

先日放送された第8話では、美咲と夏向の“きゅうり間接キス”や千秋の“バックハグ”などのドキドキシーンが話題となったが、第9話では、美咲を巡ってついに千秋が夏向に恋の宣戦布告。美咲が選ぶのは果たして夏向か、千秋か? 悩んだ結果、遂に美咲が告白する。

今回の副音声では、美咲と夏向を演じてきた二人だからこそ話せる名シーンの裏側や、深夜に何度も走ったというヒロイン桐谷の過酷な撮影の様子、クライマックス・シーンを撮影した日に誕生日を迎えた山崎のエピソードなどを披露。クライマックスへと繋がっていく物語と、リアルタイム視聴ならではの面白さ満載の副音声トークは必見&必聴だ。