石井杏奈&中川大志が告白、映画『四月は君の嘘』好きな名台詞とは?

E-girlsの石井杏奈と俳優の中川大志が、9月10日(土)より公開される映画『四月は君の嘘』に出演。二人にインタビューを行い、この作品の魅力のほか、キャラクターとの共通点、人気作品の実写化への思いなどを伺った。

本作は「月刊マガジン」(講談社)で連載された同名コミックスが原作。フジテレビの「ノイタミナ」枠でアニメ化もされ、原作とアニメがほぼ同時に最終回を迎えるという展開が話題になり、あまりに切ない物語は多くの涙を誘った。

実写映画化にあたり、ヴァイオリニスト・宮園かをり役を広瀬すず、ピアニスト・有馬公生役を山崎賢人、そして、公生の幼なじみ・澤部椿役を石井、公生と椿の幼い頃からの友人・渡亮太役を中川が演じ、コミックスとアニメに続き、もう一つの“青春音楽ラブストーリー”を爽やかに、そして感動的に描いている。


<インタビュー>

――“泣ける作品”として話題になった原作は読まれましたか?

石井:椿を演じると知ってから原作のマンガを読んだのですが、椿にすごく感情移入してしまいました。脚本を読んでも、原作の持つキラキラ感がすごくよく描かれていて、その中で、どうやってこの作品ならではの切なさを表現するのか楽しみでした。

中川:僕、普段はあまりマンガを読まないのですが、それでもタイトルを聞いたことがあるくらい、周りにファンもいる作品だったのでプレッシャーはありました。原作の魅力がそのまま台本に反映されていたので、生身の僕たちがやることで、もっとリアルに届けられたらいいなと思いました。

――演じるにあたりどのようなことを意識しましたか?

石井:椿は元気で真っ直ぐだけど、自分に鈍感な子なんです。台本を読んで「背中を押してあげたい」と思ったので、私が演じる椿を観てくださる人たちにも同じように感じてもらいたい。それには等身大の私が、真っ直ぐ純粋に向き合うしかないなと思いました。

中川:渡はサッカー部のエースで、女の子からすごくモテて、チャラチャラしていて、お調子者で、一見何も考えていないように見える。だけど、実は物事を冷静かつ客観的に見られる大人な部分を持っていて、誰よりもかをりちゃん、公生、椿のことを思っていて、ふとした時に核心をついたことを言うんです。そのギャップが魅力的で、時折見せる渡の友達思いの熱い部分や大人びた表情をしっかり表現したいと思っていました。

――監督とはどのようなことを話しましたか?

中川:僕なりの渡を作っていって、本読みの時に見ていただいたら「渡、OK」みたいな感じで、現場でも「好きにやって良いよ」と言っていただいていました。賢人とすずが真ん中でしっかり公生とかをりちゃんとして立っていてくれていましたし、特に渡は盛り上げ役でもあるので好き勝手に二人に甘えてやっていました。リハーサルでも、僕たちが台本にない部分を発信していくと、監督もどんどん取り入れてくださったので楽しかったです。

――人気作品の実写化について考えたことはりますか?

石井:ファンの方々の椿像は十人十色だと思ったんです。それを一つにまとめることは絶対不可能だから、自分が本当に好きになった椿を自分で演じようと心がけました。原作の雰囲気とはまた別ものとして映画も見て欲しいなと感じますし、もう1人の椿として楽しんでいただきたいです。

中川:一番大切なのは、原作ファンの人と同じ気持ちでいることだと思っています。一方で、原作があるものを実写化する時は、実写化する意味がないといけないとも思っています。原作と全く同じことを、そのキャラクターのままやるなら原作で楽しめますから。実写映画にするのだったら、生身の人間がやっているリアリティをお客さんに受け入れてもらえるものにしなくてはいけないと思っています。

――舞台が鎌倉ですが、特に印象に残っているシーンを教えてください。

石井:自転車の二人乗りのシーンは、本当にきれいで海と空と青春を感じました。

中川:カメラが乗っている並走車を僕たちが自転車で追いかけながら200mくらい一緒に走るんですけど、スピードを合わせたり距離感を合わせたりするのが難しかったです。走っては戻って、アングルを変えてまた走るというのを何回も繰り返したので大変でした。

石井:椿と渡がサッカー部とソフトボール部で運動神経抜群という設定だから頑張ったよね?

中川:かをりちゃんと公生があれだけ楽器を頑張っていたので、体張るところは俺たちが「やってやるよ!」っていう感じでがむしゃらにこいでいました。でも、落とさないように安全運転(笑)

石井:主演の命を預かっていますからね(笑)

――それぞれの部活のシーンも違和感なかったのですが、もともと経験は?

石井:初めてだったんです! スタッフさんの中に野球経験者の方がいて、バットの振り方から教えてもらいました。バッティングセンターで練習もしました。

中川:しっかり腰が入っていたよね?

石井:本当? 難しかった。

中川:僕は幼稚園、小学校とサッカーをやっていたから良かった。

石井:シュートのシーンはすごい良かった!

中川:サッカー部のエースという設定なので、かなり気合い入れて練習していきました。だけど、結果的にはワンシーンしかなくて、引きと寄りを撮影してサクッと終わっちゃった(笑)

――キャラクターと通じる部分や、似ている部分はありますか?

中川:杏奈ちゃんはそのまんま椿だよね。すごい真っ直ぐでしっかりしているようで、たまにボーッとしているところなんかそっくり。

石井:大志君も渡に結構似ていると思う。あのテンションもそうですし、いろいろ考えていそうなところとかも似ているなって。

――椿は自分の気持ちに気付かない。逆に、渡はみんなの気持ちに気付いている。お二人はどうですか?

中川:杏奈ちゃんは気付かなそうだよね。

石井:あまりそういうことに対して意識したことはないかも。自分が興味ある人だったら気付くのかな? そこまでじゃない人だったら気付かなそうですね。

中川:男はちょっと目が合っただけで「あの子、自分のこと好きなんじゃないか?」って思っちゃうような生き物ですからね。僕自身が人を見るのが好きなので「あいつ、あの子のことを好きだな」っていうのはわかると思います。

石井:私は知りたくなっちゃいます。クラスとかでも「誰か好きな人はいないの?」って聞きたくなっちゃうタイプです。

――最期に、この作品は一つ一つの“言葉”が詩的なところも人気の理由の一つですが、それぞれの好きな台詞を教えて頂けますか?

中川:実は、現場でもお互いの台詞を真似しあっていました。僕は椿の「かをちゃんは渡が好きなの」っていう台詞が好きなんです。

石井:ずっと真似するんですよ!

中川:だって、椿っていつも男まさりでやんちゃな感じの女の子なのに、急に女の子の表情を見せてピュアな乙女になる。あれはすっごく良い。

石井:私は「女の子が教えてくれる」っていう渡の台詞ですね。あの見透かしているなって感じが良いなって思います。

中川:かをりちゃんの「音楽は自由なの」っていうのもステキですよね。

石井:かをりちゃんの言葉は本当に名言ばかりなので注目して欲しいです。きっと見ているだけで青春を味わえるようなキラキラ感もありますし、幅広い世代の方が共感できる感動もたくさんあるので、色んな感情になってたくさん泣いてスッキリして頂ければと思います。

PICK UP