菅田将暉「お役に立ちまっせ」石原さとみに恩返し『地味にスゴイ!』に出演決定

俳優の菅田将暉が、日本テレビ系の10月クールの水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(毎週水曜22:00~)に出演決定。石原さとみ演じる主人公・河野悦子が一目惚れする、謎めいた大学生・折原幸人(おりはらゆきと)を演じることがわかった。

原作は、宮木あや子による「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)。オシャレが大好きな河野は、夢のファッション編集者を目指して出版社に入社。しかし、配属されたのは、超地味な校閲部だった。そこで、小説の些細な点が気になって舞台となる北海道に直行したり、週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入取材したり、時には、矛盾点を作家に訴え内容を大幅に変更させるなど、校閲の仕事を超えて大暴れ。「……あれ? この仕事、地味にスゴイ?? いえいえ、私がなりたいのはファッション編集者ですからッ!」と思いながら、今日も“ド派手ファッション”という戦闘服に身を包み、校閲の仕事に立ち向かっていく。

菅田は自身の役柄について、「大した不満もなければ、大きな幸せも感じていない、とてもふわふわしている人。元々は作家なんですが、ふとしたきっかけからモデル業に進んだり、行き当たりばったりの言動もあったり、幸人がその時々で楽しそうな方向に流れていく感じは、今の時代を反映している役なのかなと思っています」とコメント。石原については、「誰よりも明るくて、誰よりも愛嬌があって、いつも周りに人が集まってくるような方」と語り、「今回も石原さんを中心に共に作品を作っていきますが、(初共演の舞台「ロミオ&ジュリエット(2014)」では)大変お世話になったので、僕で力になれることがあれば“お役に立ちまっせ”というところを見せたい。役者として先輩ですが、フランクで心地よい距離感で接してくださる方なので、楽しんでお芝居していきたいと思います」と意気込んだ。

そして、「『地味にスゴイ!』というタイトルにもあるように、校閲という仕事を舞台にした、地味なところにスポットを当てたドラマです。僕自身も淡々と物を作ったりするのが好きですし、役者業も実は孤独で地味な作業の積み重ねです。どんな職業も地味な作業に支えられた上で、光の当たる華々しい場所が生まれると思います。なかなかドラマでは取り上げられないような題材を描く、非常に面白いドラマになると思います」とアピールした。