個性派3人組アイドル「下ネタMCでスベってる」と反省

アイドルユニット・シークレットガイズが、9月3日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「おもしろい要素がてんこ盛りなのに、ライブでのMCがスベッていること」を反省する。

同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、博多大吉、指原莉乃。

シークレットガイズは、シュート、タイキ、諭吉の3人組アイドル。日本初のFtM(元女性)ユニットとして、LGBTの理解を世間に広めるべく活動している。今回は、「ライブでのMCがスベっていること」を反省しにきたということで、早速ライブを覗いてみることに。すると、のっけから下ネタでスベっていることが発覚する。しかし、スタジオではその個性的なキャラクターが発揮され、見事に場を盛り上げる一面も。

もう1人の反省人は、元大相撲力士の把瑠都。「東京・両国にしか住んだことがないのに、エセ関西弁を使いまくっていること」を反省する。さらに、そんな把瑠都の悩みも明らかになる。