ミス東大女子アナ、岡山弁で愛の告白「でーれー好きじゃけえ」

読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』(関西ローカル)。8月24日の放送では、岡山県出身の諸國沙代子アナが岡山弁を披露した。

毎週水曜深夜に放送され、金曜と土曜の深夜にも再放送されている同番組。今回は、大阪を舞台にした映画『後妻業の女』のPR動画が紹介され、出演者たちが全編大阪弁を話すことが話題を集めているということで、委員会メンバーが出身地の方言の特徴を披露することに。

まずは、ガダルカナル・タカが岡山県出身の諸國アナに「岡山は関西弁じゃないよな?」と質問。諸國アナは「岡山弁ですね。“じゃけえ”“じゃがあ”とか。肉じゃががここにあったとしたら、肉じゃがじゃがあです」と解説すると、横にいた兵庫県出身の中谷しのぶアナが「絶対言わないですもん」とツッコミを入れる。さらに、諸國アナが「他にも、“大根炊いといて”は“でーこんてーてーてー”って言ったりとか」と紹介すると、中谷アナは「ほんまに言う!?」と疑っていた。

その後、タカの無茶振りに応え、諸國アナが「でーれー好きじゃけえ、マスカット行くん付き合うて。え? おえん? おえんの? いこーよ!」と、岡山弁での告白を披露するも、メンバーからは「(方言以前に)ストーリーが入ってこない」「マスカットって何?」と困惑気味の声が噴出。諸國アナが「マスカットスタジアム(球場)ですよ。知らないですか?」と熱心な野球ファンならではシチュエーションだったことを明かしたものの、中谷アナは「マスカット狩りとかなのかと思った」と納得いかないといった様子の表情だった。

さらに、諸國アナが「“でーれー”は“どえらい”。“ぼっけえ”と同じ意味です」と的を射ない解説をし始めると、全員から「ぼっけえがわからないよ」とツッコミ。しかし、なぜか諸国アナは驚いた様子で「そうなんですか? どっちも“すごく”って意味ですよ」と、マイペースに話し続けていた。