『ウゴウゴルーガ』の大人気キャラクター“ミカンせいじん”まさかのレギュラー復活

90年代初期にフジテレビ系で放送されていた子ども番組『ウゴウゴルーガ』内で放送され人気を博したショートアニメ『ミカンせいじん』が、8月25日放送の『#ハイ_ポール』(毎週木曜深夜)よりレギュラーコーナー『ミカンせいじん現わる』として復活する。

“ミカンせいじん”は、イラストレーター白佐木和馬が学生時代に特撮ドラマを見ながらミカンに顔を描いたのが始まりのキャラクター。ローカル3と呼ばれる超次元に存在するミカン星からやってきた地球侵略を企む宇宙人という設定で、独特の表情と、コミカルな動き、シュールなストーリーから人気を集めた。

1993年には、国産初のスクリーンセイバー『ミカンせいじんスクリーンセイバー』となり注目されたほか、2005年には、子ども向けバラエティ番組『ガチャガチャポン!』内のアニメコーナー『ミカンせいじんの30秒学習』として復活し、2005年から2012年には、フジテレビデジタルコミックサイト『週刊少年タケシ』にて、WEBアニメーション『ミカンせいじんドリル』、『ミカンせいじんグリル』が配信されるなど根強い人気を誇っている。

放送が開始される『ミカンせいじん現わる』は、『#ハイ_ポール』の90分の中で数回登場。1話約20秒のショートアニメで“ミカンせいじん”のよくわからないシュールな生態が描かれる。