上田晋也「腰掛け石とおばあさんを見間違える」疑惑のエピソードを釈明

爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、名古屋を巡りながら自由奔放にトークを繰り広げていくバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週月曜~金曜深夜)。「とんちゃんや ふじ編」(2月23日放送回)で、上田が「くりぃむしちゅーの著書にまつわる嘘くさいエピソード」について釈明した。

今週は、名古屋の名店「とんちゃんや」でトークを繰り広げている2人。22日の放送回では、視聴者から「くりぃむしちゅーさんの著書に載っている“腰掛け用の石に座ったら、腰の曲がったおばあさんだった”という話はどうしても信じられません」という声が寄せられていた。

これを受け今回は、太田が「これは嘘だな。こんなわけないよ。いくらなんでもひどすぎる」と断罪するところからスタート。必至に否定しながら、上田が「夏祭りか何かにデートで行ったわけ。結構な階段で疲れてたのよ。それで、夕方くらいのちょっと薄暗い感じだったのね」と当時を振り返る。さらに、「ちょっと疲れてきたなって思った時に、腰掛けるのにちょうどいい位のものがあったわけ。座ろうとしたらなんか感触が石じゃないから、あれって思ったら、ねずみ色の服を着たおばあさんだったの」と続ける。

しかし、太田は「それはいくらなんでも。それはダメだ。それはやっちゃダメだよ」と一切信じていない様子。上田が「ほんとなんだって! 作りだったらこんな堂々と本に書かないよ」と釈明するも、太田は「いやいや、ネタに困ったんだろ?」とバッサリ。上田は最後まで“潔白”を主張し、「みなさんも気をつけてね。石とおばあさんを見間違えることはあるからね」と訴えかけていた。

このエピソードを含め、過去の放送回は『太田上田』公式サイト・公式アプリで視聴することができる。

PICK UP