新人女子アナ、唐突に腕に噛みつかれて悲鳴

読売テレビの見逃し配信サービス「ytv MyDo!」で、新人の黒木千晶アナに密着したコンテンツ『新人アナ黒木千晶の研修に密着SP!』第5話が公開されている。

2016年入社の新人アナウンサー・黒木千晶がニュース番組でデビューするまでの様子に密着した本企画。第1話は「アナウンス研修」、第2話は「メイク研修」、第3話は「関西特有の地名やイントネーション」、第4話は「初めての生放送」を取り上げてきた。そして、第5話では、「初めてのロケ」企画が展開された。

最近の研修について、「ニュースデビューが近づいてきたので、原稿を読んだりですとか、実際にニュース卓で練習をしています」と、笑顔で振り返る黒木アナ。しかし、スタッフから「先輩アナウンサーたちも1年目は関西の試練を受けてきましたが、黒木さんにも同じ道をたどってもらいたいな。今日はいろんなところに行ってみましょう」と無茶振りを受けると、たちまち引きつった表情を浮かべる。

今回は、中谷しのぶアナがお世話になったという、“濃いキャラ”の占い師・波羅門のもとを訪れることに。向かった先のドアには、日本開運総本部と書いてあったため、黒木アナは「怖いんですけど大丈夫ですか?」と困惑。いざ中に入ってみると、全身金色スパンコールの衣装に包まれた人物が待ち構えており、「何わろてんの?」「今日は地味」「サマーバージョンや。ウソやがな」と畳み掛けてくる。まさしく“未知との遭遇”状態に陥り思わず固まってしまった黒木アナだったが、占いをしてもらうことに。

占いでは、波羅門が「いくで」と黒木アナの体を揺すった後、腕に噛みつくまさかの展開。黒木アナが「えっ!? えっ!? ちょっと待って!」と悲鳴を上げる中、波羅門はマイペースに口紅でくっきりと痕をつけ、「あんた大物になる」と続けると、黒木アナも「なりますか?」と普通に返してしまう。これには、ナレーションを務める脇浜紀子チーフプロデューサーから「そこはツッコむとこやで!」とツッコミを入れられていた。

その後は、中谷アナが占いを体験した際のVTRなどが紹介されていた。