タモリ、初めてのお座敷遊びにご満悦

7月30日の『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30)は、タモリ一行が“日本を代表する米どころ”として知られる新潟を散策する。なかでも新潟市は、信濃川と阿賀野川という2つの川の河口に位置する日本海側を代表する都市。そんな新潟市が、実は「砂の町」だったとは……いったいどういうことなのか? 川がつくりだした地形と繁華街に残る痕跡、そして一面の水田の中のわずかな高低差をヒントに、砂に翻弄され、砂と戦い続けてきた新潟の知られざる姿にタモリが迫る。

新潟市の中心部から日本海の方へ向かうと、なぜかタモリが大好きな“上り坂”が。実はこれ、日本最大級の「新潟砂丘」。この巨大砂丘と新潟の町との関係とは? そして新潟の町がとった大胆不敵な作戦とは? また、幕末には開国五港に選ばれ、港町として大いに栄えていた新潟。その繁栄ぶりを知るためタモリが向かった先は老舗料亭。そこでタモリは、初めてのお座敷遊びを体験する事に……。