嵐「このロケ大丈夫かよ!?」バラエティ特番『嵐ツボ』で“初体験”映像を公開

相葉雅紀松本潤二宮和也大野智櫻井翔がMCを担当するバラエティ特番『嵐ツボ』が、フジテレビ系で7月20日(水)21時52分より放送。それぞれが“初体験”を終えた感想を語った。

番組では、北は東北、南は沖縄、そしてベトナムなど、国内外問わず、世の中には知られざる愛すべき興味深いコミュニティーに注目。そこで“ツボっている”(=こだわり抜いている=のめり込んでいる=ハマっている=楽しんでいる)人たちで形成されるコミュニティーで体当たりロケを敢行。メンバーそれぞれのディープな“初体験”映像が公開されていく。

二宮は、嵐と一緒にかわいいパンダを撮影したいという「毎日パンダコミュニティー」の代表者の夢をかなえるべく、高橋真麻と共に、カメラの使い方を一から学び、ベスト・オブ・パンダの撮影に挑戦。コミュニティー代表が大興奮する一方、二宮はなかなかそのテンションについていくことができない……。二宮は「この番組のすごいところは、そんなに興味がなくても見られるというところだと思います。もし見ていて飽きちゃったら飽きちゃったでもいいので、一回入口に来てもらいたいと思います。新しいテレビの形を体感していただければ」と収録を振り返った。

「本当に久しぶりにバラエティのロケで海外に行った」という櫻井は、最高級の香木を探したいという「香木を愛するコミュニティー」の代表者の夢をかなえるべくベトナムへ。現地の街で、香木を扱う店に立ち寄ると、不思議な取引風景が広がり、何千万もする香木があちらこちらに無造作に置いてあるという状況。また、香木を人工栽培している場所があると聞き、車で3時間かけてベトナムの奥地、灼熱の密林地帯へと進んでいく。「香木は本当に奥深い世界でしたね。“香道(こうどう)”にも触れることができてよかったです。香木を見極める目を養ってきました。天然の香木か、人工の香木かはすぐに見分けられるようになりました。完全にツボってきました!」とコメント。収録を楽しんだようだ。

相葉雅紀は、寝ころんだら3県をまたげる“境界線の聖地”で3県の名産品の入った鍋を食べたいという「境界線を愛するコミュニティー」の代表者の夢をかなえるべく、福島県・新潟県・山形県の3県が交わるポイントを目指す。しかしそこは、歩くと山中で一夜を過ごさなければならないほどの山奥だということが判明。そこで、コミュニティー代表者のある秘策で目的地へ向かうことに……。向かった山は、まだ雪が残る、標高2000mを超える過酷な環境。相葉は「僕が想像していたロケとはまったく違いました。“寒い”“遠い”“へき地”の3点セットであそこまで過酷になるとは思わなかった」と語り、「ものすごくマニアックな番組ですが、マニアックということを本当に楽しめる番組になっている」と手応えを語った。

大野は、ある悲しい“生き物”を幸せにしたいという「悲しい生き物を愛するコミュニティー」の代表者の夢をかなえるべく、柴田英嗣と共に、幸運の象徴である巨大「四ツ葉のクローバー」が生息しているとされる沖縄へ。観光もお遊びも一切なしの完全ドキュメントとなった今回のロケ。大野は、「正直最初は“このロケ大丈夫かよ!”って思いましたけど、意外とイケるもんですね」と感想を語った。

松本は、知る人ぞ知る名店の隠れメニューを食べてみたいという「隠れメニューコミュニティー」の代表者の夢をかなえるべく、ある超有名店が経営する隠れ店舗へ赴き、テレビ初公開となる隠れメニューを陣内智則と食らいに行く。電話番号非公開、店名すらない店のオーナーが完全シークレットではじめた、こだわりにこだわった驚がくのメニューがそこにあった。松本は、「本当に楽しかったです! 正直お店に行くまではよくわからなかったし、不安だったんですけど、行ってみたら“食”への強いこだわりを持った人に出会えたので充実した時間になりました。作る側のモチベーションがあそこまで高いと、食べる側としてテンションが非常に上がりました。本当にぜいたくな時間を過ごせました」とコメント。日本全国を見渡しても数えるほどしか知らないという隠れメニューの正体に注目だ。