樽美酒研二の黒塗りメイクが話題 金爆4人が映画『HiGH&LOW』で共演

ドラマ、Hulu配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ライブツアーと様々なメディアコンテンツが連動していく、日本テレビと、EXILEや三代目 J Soul Brothers らが所属するLDHの共同プロジェクト『HiGH&LOW』。人気エアバンドグループ・ゴールデンボンバー(通称=金爆)が、7月16日(土)公開の『HiGH&LOW THE MOVIE』で、全員揃っての映画初出演を果たす。

本作の舞台は、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」5つのチームが拮抗していることから頭文字をとった「SWORD」地区。その地区に伝説の男が戻ってくるところから物語は始まる。とある事件を機に表舞台から姿を消していた、チーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRA)。SWORD地区の支配を目論む李(V.I)と手を組んだ琥珀は、湾岸地区のチーム「MIGHTY WARRIORS」、TOWN地区の「DOUBT」を引き連れ急襲、日常は脆くも崩れ去る。かつて自らが慕った琥珀、そして琥珀率いる総勢500人の大群を前に、山王連合会のコブラ(岩田剛典)、ヤマト(鈴木伸之)は立ち上がる。SWORD各チームもそれに呼応、そこに琥珀と並び最強と称された雅貴(TAKAHIRO)、広斗(登坂広臣)ら雨宮兄弟も参戦、過去から未来へ、今SWORD地区はチーム崩壊の危機にもなりかねない未曾有の事態へと突入する。

ゴールデンボンバーの4人(鬼龍院翔、喜屋武豊、歌広場淳、樽美酒研二)は、本作のドラマ版『HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』で、黒木啓司演じるROCKYがリーダーを務める組織“White Rascals”という白ずくめのスカウト集団の一員として登場。4人揃ってのドラマ初出演が、話題を集めていた。そんな彼らが演じるのは、ROCKYとは対照的に軽口を叩き、いつも行動を共にする4人の男たち。迷路のような繁華街を熟知しており、ROCKYの側近と言っても過言ではない重要な役どころだ。

また、7月4日(月)に行われた完成披露プレミアイベントにも揃って登壇したゴールデンボンバー。鬼龍院が「元気ですかー!?」とアントニオ猪木風に挨拶して会場を煽ると、後ろに立っていた樽美酒が、普段の白塗りではなく、ノーメイクにサングラスをかけた状態でおもむろにステージの前方へ。すかさず、鬼龍院が「皆様の前で失礼だろ! サングラス外せよ!」とツッコミ。この様子に観客も「(樽美酒の)素顔が見られるのでは!?」と声を上げるが、いざサングラスを外してみると、目の周りが黒インクで塗り込まれており、サングラスをしているかのようなメイクが施されていた。素顔を見ることはできなかったものの、駆け付けた約4000人の観客は大爆笑。会場を大いに盛り上げていた。

そんなゴールデンボンバーの面々は、作中でも壮絶なバトルシーンに参戦。約1000人の大乱闘が繰り広げられる中、4人はどのような戦いを見せるのか。