藤井フミヤ「反対したんだよ」アナウンサーになった息子への思いを初告白

ミュージシャンの藤井フミヤが、6月29日(水)23時25分から放送のフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』にゲスト出演。フジテレビアナウンサーになった長男・藤井弘輝への思いを語る。

フミヤが今まで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOメンバーがカードに記入し、その質問に答えていく人気企画「生まれて初めて聞かれました」に登場。

「息子がアナウンサーアナウンサーになりたいと言った時どう思った?」というカードを引くと、フミヤは弘輝が「俺はしゃべりで生きていきたい!!」と言ってきた際のエピソードを披露。フミヤが「しゃべりで生きていくということは、タレントになるか、お笑いになるか、アナウンサーになるかしかないぞ」と伝えると、弘輝は「じゃあ、俺、アナウンサーになる」と宣言。それに対してフミヤは、母親と一緒に「アナウンサーじゃなくても良いんじゃない?」と反対したことを告白する。フミヤはどうして反対したのか? その理由は番組で明らかになる。

PICK UP