王子の母が「美人すぎ」と話題に『オオカミ少女』最終話

八田鮎子による人気少女漫画をアニメ化した作品『オオカミ少女と黒王子』(読売テレビ、毎週月曜深夜)。6月27日は、最終話「愛及屋烏-I love you-」が放送された。

2014年10月期に放送され、好評を博していた本作。見栄っ張りな女子高生・篠原エリカ(伊藤かな恵)は、友だち相手に彼氏とのラブラブ話を語るが、実は彼氏いない歴16年。そろそろ嘘も限界だと思ったその時、街で見かけたイケメンを盗撮。自分の彼氏だと自慢したが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(櫻井孝宏)だった。事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、恭也は優しげな見た目とは正反対の超腹黒ドS男子・黒王子だった。弱みを握られたエリカは、佐田の犬になることを命じられてしまう。その後、数々の困難を乗り越えて、無事に恭也と付き合い始めることとなった。

最終話では、恭也の姉・怜香(中原麻衣)に連れられて、恭也の母・瞳(久川綾)がいる神戸にやってきたエリカ。そこでエリカは佐田家の事情を知る。瞳は息子が恋愛不信になった理由は自分にあると思っていることが発覚する。翌日、エリカ・恭也・怜香で花火大会に行くことに。そこで恭也と瞳が上手くいくよう画策するエリカだったが、その計画中に恭也からもらったネックレスをなくしてしまい……。

瞳が登場すると、ネット上では「佐田ママ可愛い」「美人すぎ」「上品だな」といったコメントが続出。しかし、その後、怜香が「エリカちゃんと恭也の馴れ初め聞いちゃおうかな~」と高校生カップルの生活に切り込むと、瞳も「ああー! 恋バナ!? いえーい」と悪ノリする展開に。これには、「馴れ初めってw」「それは聞いちゃダメでしょ!」「聞かないであげて」など、悲鳴にも近い声が上がっていた。そして、「恭也の決め台詞にしびれることができないなんて……もっと続きが見たい」「二期やって欲しいな」と、続編を期待する声も多く見受けられた。

PICK UP