新木優子、森絵梨佳、太田莉菜、久松郁実“かなり下品”なシチュエーションコメディに挑戦

別冊漫画「ゴラク」で連載がスタートし、現在「ゴラクエッグ」にて連載中の岡村星原作の漫画『ラブラブエイリアン』が、フジテレビで実写ドラマ化されることが決定。出演する新木優子森絵梨佳太田莉菜久松郁実がコメントを発表した。

本作は、突如女性専用アパートに不時着した手のひらサイズの宇宙人と、その宇宙人と同居することになった女性たちの日常を描いたシチュエーションコメディ。驚異の科学力を持ち、いつでも地球を滅ぼせる宇宙人に対して、彼女たちは、宇宙人をものともしないガールズトークを展開。男性の前では決して見せないであろう、イマドキ女子の本音を包み隠さずさらけ出していく。強烈な世界観は、男性漫画雑誌の連載ながら、女性ファンからもコアな支持を集め、編集関係者からは“神漫画”と称されている。

ゼクシィ8代目CMガールに選ばれた新木が演じるのは、宇宙人と居候することになるアパートの住人で、料理上手な心優しく、どこか今どきな性格の石橋園美役。「職種も歳も性格も違う4人の女子が、女子の本音トークで日常にある疑問や問題を解決しちゃう!? どの回を見ても楽しめる作品です♪」と作品を紹介。連続ドラマ初主演については、「緊張していますが、見てくださる皆さまが疲れていたり落ち込んだりした時に、クスッと笑えて元気が出るような、そんな温かい作品になるように、優しく気さくなスタッフ、キャストの皆さまと頑張ります! よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

そして、“なりたい顔No.1”と称され若い女性から人気を集めている森は、同じアパートに住む、思ったことはすぐ口に出てしまう親友・宇田川由日子役。「撮影初日からこの作品の面白さが全開でワクワクしています。それにしても、宇宙人と共演できるとは想像していませんでした。キャラの濃い女子4人と宇宙人。楽しみにしていてください」とコメント。

映画『テラフォーマーズ』の連城マリア役や、映画『君と100回目の恋』の小原遥役など、昨今の話題作に出演している太田は、仕事に一途で、まともな日常生活が送れない篠原さつき役に挑戦。「頭がよくてだらしなくて酒好きでそれでいて、中途半端に女の武器を使いこなす女……。今風に例えるならば春巻き系女子ってところでしょうか。美人の皮に包まれた中身はブス。そんな香ばしい愛すべきさつきと、これまた手に負えない3人+宇宙人で、下品でしょーもない、でも実はこれって現実だよね! ってことを真剣に取り組んでいきます! 皆さん、私たちを愛してくださいね」とアピールした。

女性誌「CanCam」専属モデルから、バラエティ番組やグラビアとマルチに活躍する久松が演じるのは、合コン好きで、彼氏探しに余念のない、ゆるふわパーマ女子笠原チズル役。「喜怒哀楽がとても激しく、自分の気持ちにとても素直な女の子です。今までチズルのような感情をむきだしにする役を演じたことがなかったので、凄く難しいですが、色々と考えながら楽しくチズルを演じられればいいなと思っています」と語っている。

原作の岡村は、「自分で描いておきながら言うのもなんですが、内容がかなり下品なので、出演者やスタッフの皆さんの経歴に傷が付かないかヒヤヒヤしてます。と同時にとても楽しみにしています。色んな人たちに楽しんでいただけることを原作者として願っております」とコメント。ドラマは、フジテレビで7月13日(水)25時55分よりスタートする。