藤田ニコル「こう見えて高校も卒業できた」『高校生クイズ』応援タレントに決定

日本テレビ系で放送される夏の風物詩『全国高等学校クイズ選手権』。第36回大会となる今年は、7月27日(水)に史上初の全国11会場で一斉開催されることが発表されていたが、この度、各会場を盛り上げる応援タレントが決定した。

高校生クイズ』は、高校生ならば年齢・学年を問わず、誰でも2人一組で参加が可能。1983年にスタートし、今回で36回を数える長寿番組だ。昨年に続き、2016年もアメリカ大陸を横断しながら、白熱の闘いを繰り広げる。そして今大会では、都道府県代表を決める地区大会がリニューアル。当日は、全国11会場を中継でつないでクイズを出題。参加する高校生たちが、スマートフォンで解答していくスマホクイズ形式を採用する。また、クイズイベントには応援タレントも参加して、会場を盛り上げる。

東北会場の宮城・仙台PITを盛り上げるのは、ティーンから絶大な指示を集めているモデルの藤田ニコル。クイズについては「得意かと言ったら難しいところですが、勘だけは凄く冴えているんです。こう見えて高校も卒業できましたし(笑)。意外に当たるところは当たるので、クイズも結構イケちゃうんじゃないかなって思います(笑)」と語り、「そう言えば『高校生クイズ』にも○×クイズがあるじゃないですか! 私、そういうのめっちゃ強いですよ! ○が来たら次は×だ。×が来たらもう1回×が来るかな、とか。私、そういう勘が冴えているので、みんなも勘を磨いておいた方がいいよ(笑)」とコメント。そして、「クイズは勘で何とかなると思うので、自分の答えを信じて、みんな頑張ってください! 夏は、東北の方が涼しそうなので、遊びに行くのを楽しみにしています。それと、みなさんとお魚を食べたいです。クイズの話じゃなくなっちゃったね(笑)。お魚のクイズ、待っています」と、東北会場に訪れる高校生にメッセージを送った。

このほかの会場の応援タレントは以下。

【北海道会場】札幌・STVホール:どぶろっく
【北陸・新潟会場】新潟・万代シテイパーク:やしろ優
【関東会場】東京・豊洲PIT:永野
【中部会場】愛知・Zepp名古屋:原駅ステージA
【近畿会場】大阪・大阪城西の丸庭園:ぺこ&りゅうちぇる
【中国会場】広島・県立広島産業会館 東展示館:ハマカーン
【四国・岡山会場】香川・高松市 玉藻公園 桜の馬場:流れ星
【北九州会場】福岡・電気ビルみらいホール:我が家 
【南九州会場】熊本・熊本B.9:原口あきまさ
【沖縄会場】那覇・波の上うみそら公園:小島よしお

PICK UP