永野「叩くなら叩け!」フジ亀山社長への“歌ネタ”に社員も爆笑

お笑い芸人の渡辺直美と永野が20日、フジテレビが開催する夏イベント『お台場みんなの夢大陸』(7月16日~8月31日)の制作発表会見に出席。ナビゲーターとしてイベントをアピールした。

渡辺は、イベントをPRするイケメン集団“ミストマン”が担ぐ御輿に乗って登場。「思った以上に恐かった」と御輿の乗り心地を語り、「ミストマンの誰かと夢大陸デートをしたい。全員いける」と笑顔でコメント。誰が好みか聞かれると長身のロビンを指名し、「ムキムキしているのが好き」とアピールした。しかし、ロビンの微妙なリアクションに「でもどうせ細い子が好きなんでしょ?」と質問。ロビンは困りながら「細い人が好きです……」と素直に答え、渡辺は公衆の面前で振られてしまうというまさかの展開に。

一方、永野は「実は去年も参加しているんです。今ほど知名度がなかったので本当に不審者が来た感じでした。今は勢いが出てきたので仕事を選ぶかも」と自虐ネタでアピール。さらに、会場のフジテレビ亀山千広社長に向かって「社長が大好きなので、お台場夢大陸に捧げる曲を作ってきました」と宣言し、「お台場より、普通に富士急が好き~♪ お台場より普通に汐留が好き~♪」と歌ネタを披露。これには会場のフジテレビ社員も爆笑し、亀山社長も笑いながら「至急、ナビゲーター検討委員会を開きたい」と答え、渡辺も「先輩ですがポンコツが来たなって。いつも終わりが見えないんですよね(笑)」とバッサリ。永野は「一番好きなのは亀山社長で、2番目はフジテレビ。汐留は……8番目です」と言い訳をしつつ、「叩くなら叩け!」と開き直り、独特の感性でシュールな笑いを巻き起こしていた。

今年の『夢大陸』は、「みんな」と「夏祭り」をテーマに開催。暑い夏に楽しく涼める「DMM.プラネッツ Art by teamlab」や「アクアスノーガーデン」など、さまざまな人気番組とコラボレーションしたアトラクションやコンテンツを用意し、訪れる観客に笑顔を届けていく。

PICK UP