鹿児島市内と桜島を結ぶ24時間運航「桜島フェリー」に密着

公開:

人々が行き交う街角。そこに足をとめ、通りすがりの人に目を向ける番組『ドキュメント72時間』(NHK総合、毎週金曜22:50)。6月17日は「火山の島 フェリーにゆられて行ったり来たり」と題し、鹿児島の「桜島フェリー」にカメラを据える。

今も活発な活動が続く桜島。その桜島と鹿児島市内を結ぶフェリーは、片道およそ15分、朝は桜島からの通学や通勤客で賑わい、夜は仕事帰りの人たちでごった返す。利用者は一日1万人以上、日常生活の足として、緊急時の移動手段として島の人たちの暮らしを支えている。自然の脅威に向き合いながら、たくましく生きる人たちの姿をカメラが記録。24時間フェリーを舞台に、日常と非日常が混ざり合うちょっと不思議な72時間を紹介する。

PICK UP