平岡祐太、貫地谷しほりと“運命の人?”初共演を振り返り「昔に戻ったよう」

俳優の平岡祐太が、フジテレビ系で放送中のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(毎週木曜22:00)の第7話からゲスト出演する。

このドラマは、独身で実家暮らしの小学校教師・立木早子(松下奈緒)が、同僚教師の久我山ミカ(貫地谷しほり)、成増梅子(佐藤仁美)、千駄木廉太郎(八嶋智人)、ミカの友人でOLの羽村舞(舞羽美海)ら“婚活同盟”メンバーと共に、運命の結婚相手を見つけるべく奔走する姿を描いた作品。

これまで、主人公の早子は、初めてのお見合い相手・月島遼一(坂上忍)、小学校教師・伊東慶太(佐藤アツヒロ)、獣医・三田凪太郎(吉岡秀隆)と恋の予感はあったものの、いまだ独身。そんな中、婚活同盟メンバーの舞は、設備管理会社勤務のサラリーマン・佐賀俊介(田中圭)と、梅子は、食品メーカーで営業を担当するサラリーマン・岡山藤吾(成宮寛貴)と結ばれるなど、結婚へ向けて徐々に前進している。

平岡が演じるのは、多摩銀行でファイナンシャルプランナーとして働く香川優介。彼は、早子の住んでいる地域を担当しているため、早子の父・辰志(尾藤イサオ)や母・尚子(松坂慶子)とは顔見知りの関係。ある日、早子の家で、早子とミカが“メイクの練習”をしているときに、いきなり香川が訪れる。偶然にも、香川はミカの学生時代の先輩で、この運命の再会を機に、2人は懐かしい思い出に浸りながら、デートをすることになる。

演じる香川について平岡は「一生懸命に仕事をしているのだけど、30代の会社での板挟み感があり、次のステージに行きたいのになかなか行けない。あと、お笑いが好きなので、家ではよくバラエティーを見ていると思う」と紹介。そして、貫地谷との初共演が10年以上前だったと言い、「撮影合間に当時の思い出話や近況を話して、短い時間の中で昔に戻ったようで素直にうれしかった。そして、それが今回の役には生きてくるのではないかと思っています」とコメント。また、“偶然の出会い”や“結婚”について聞かれると、「出会いも突然訪れるのだと思っています。一目ぼれもあるだろうし、友達がある日突然特別な人に思えたり、もう恋人なんていらないと思った瞬間に現れたり。出会うタイミングもありますが、相手を好きだと思う気持ちには素直でいたい」と語った。

果たして、平岡演じる香川はミカの運命の人なのか? 婚活同盟メンバーの恋の行方に注目だ。

PICK UP