武田修宏「ピッチに立つ前に終わった恋」を告白『ダウンタウンDX』

元サッカー日本代表でタレントの武田修宏が、6月2日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。シングルマザーに振られてしまったエピソードを紹介する。

「独身芸能人男と女SP」と題した今回は、武田をはじめ、綾部祐二、千葉真一、紫吹淳、西川史子、スピードワゴン、高橋真麻、篠山輝信、おのののか、倉本康子、稲村亜美が登場。武田と綾部が「独身芸能人!熱愛&破局最新ニュース」のコーナーで、シングルマザーに振られたことを告白する。

サッカーを教えた少年の親に恋した武田は「サッカーを教えた後、3人で焼き肉に行ったりしてイイ感じになった。でも年末、高校サッカーの仕事で休みがなく、連絡しなくなったら音信不通になって……。ピッチに立つ前に終わってしまった」と振り返る。一方、子どもが2人いる、地元の同級生のシングルマザーに恋した綾部は、「別れたんだって話をして、何回か会って、ご飯を食べていく内に深い中になっていった。僕、喋り過ぎたかも……」とぶっちゃけ過ぎて、かえって冷静に。しかし、どうするか悩んでいる間に相手が再婚してしまったとのこと。また、相手の子どもたちに「○○が原因で嫌われた」という爆笑エピソードも紹介する。さらに、失恋した武田と綾部が一緒に男磨きをするマル秘VTRも公開。

ゲストが体験した男女にまつわる修羅場エピソードをランキング形式で発表する「男と女の衝撃修羅場ランキング!」では、綾部が人生初のグラビアカメラマンとして神室舞衣をニューヨークで撮影した際の裏話を披露。「エロく!オシャレ」をテーマに撮影したらしく、綾部は「撮っているとどんどん興奮してくるんですよ。最終日は2人きりで部屋で撮らせて下さいとお願いしていて……」と告白。これには、浜田雅功が「お前、ホンマに……」と呆れ顔を浮かべる。さらに、綾部は「理性を保つのが大変だった」という2人きりの密室撮影の一部始終を激白する。

PICK UP